飛び出し坊や

住宅街の四つ角などに...

今朝の日経コラム「春秋」に登場。

近畿地方に多く、その後、全国に広がったと書かれているとおり、僕も滋賀で頻繁に見たのが印象強く、発祥の地と知ってうなずけたのを覚えている。

気付いたのは、40~46歳前までエントリできていたびわ湖毎日マラソン(大津市)、それに、同じ時期、聴障陸上の合宿で希望ヶ丘公園(野洲市、竜王町)に合宿に3度、出向いたことなどにより。

ここかしこで出会うかわいらしい坊やに愉快にさせられた。今はもうびわ湖への出場資格(2時間30分)も失って久しいが、下の画像は2011年大会。

この年はウィルソン・キプサングが初来日して軽く大会新記録で優勝。今年の東京マラソンで2度目の来日だったキプサング選手とは2度とも一緒に走ったことになる(^^) ── は、さておき。

NO.199が若かりし? 頃の私

当時、最初は気付かなかったのだけれど ── よく見ると、絶妙な構図でランナー達と一緒に走ろうとしている坊や(笑) 「丸刈りで赤いシャツに黄色いズボン」の正統派オリジナル。滋賀遠征のいい想い出になってくれている(^^)


「飛び出し坊や」をご存じか。住宅街の四つ角などに置かれている男の子をかたどったパネルである。まさに路上へ走りだそうかとい:日本経済新聞


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。