メダル栄光授与式

滑り込み

朝、すっぽり雪に包まれた山口市街
朝、すっぽり雪に包まれた山口市街
白い双塔がサビエル記念聖堂

スポーツ・文化分野での功績が表彰される県の「メダル栄光」授与式に出席。光栄な賞で有り難い限り。

福岡国際での記録更新で昨年度もいただけていたから今年もかな? でも間に合うかな? と思っていた。先週月曜のレース翌日、朝早くから慌ただしかったのはこれのせいもあって、既に担当課では受賞者一覧その他の準備が出来上がっているところに、別大の結果を受けて急きょ、滑り込み。関係課、県ろう連、全日ろう連・・・他、様々な方のご協力に感謝します。

別大後、立春の風で、本当に様々なものが溶け出してきているようだ。昨日も今日も、そして今日の帰宅後もまた新たな便りが・・・。

体育賞31件、文化賞10件 県庁でメダル栄光授与式=山口/聞こえなくても : 暮らし 社会 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
   (写真の前列左が筆者)

(Webとしての記事を知ったので追記)
聞こえなくても ~可能性は無限~/音のない世界で

大雪の日

TV局や新聞社も多数、集まってニュースにされる晴れがましい席なので身なりを整えて。普段はユニクロのズボンに上衣はなし(作業着)の僕も、今日は滅多に着ないブルックス・ブラザーズのスーツとシャツとネクタイ。さらに慣れない革靴で。冠婚葬祭以外、一年に一度あるかないかの出で立ちで、やはり昨年以来の出番。

受賞は4回目。昨年は、長く跳ね返され続けてきた壁を破って記録を出せた、そのことに誇りを持って臨めたのだけれど、今年は今年で「その昨年の自分を越えることができた」点が嬉しいし、納得している。でももう、個人の栄光という以上に、誰かの励みになれば嬉しいと強く思う。

高岡選手と
5年前、高岡選手と

4度の内、出席したのは3回。初めて出席した5年前は高岡選手との記念撮影に収まる幸運も得た。拠点を東京に移した後でも、なお山口県民に慕われる、応援の多い高岡選手。昨日の asahi.com のニュースで現役続行するということを知った。今も山口でよく練習、合宿しているカネボウ勢。これからも長く頑張ってほしい。

今日は日本中を覆っているこの冬一番の爆弾低気圧とかで、夕方まで一日中、雪が降り続いた。もっともこの時期だけに積もらない湿雪。夜にはアイスバーン化して走るのにも一苦労したけれど、夕方、晴れ上がった空の明るさがやはり、春の近いことを告げている。

立春の次は雨水、そして啓蟄・・・。春はもう少しかなあ。


asahi.com:大崎がびわ湖出場へ、高岡は現役続行



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。