坐骨神経痛経緯 2

2月以降

前回エントリしてから1ヶ月半。10kmレースや短い距離の駅伝は何とかダマシながらしのいだものの、一番、心配したのがやはりフルマラソン。

3年前、びわ湖への初出場も大喜びの完走と引き換えに坐骨の悪化を決定的にしてしまった。今回もレース前までは似たような状況だったのだけれど、今のところ大きな悪化はなく小康を保っている。

今回、一番、分かりやすかった症状は以前の臀筋断裂と同じく、ズボンを履くのに片足立ちがとてもできなかったこと(靴下はなおさら)

5年前に初めて発症してから左、右、と続いて痛い目にあいつづけてきたので今回は治療に専念。先日、エントリしたようにトレーニング量は随分と落ちたものの、集中して治療に努めたのがよかったか。

鍼と低周波をあててくれる治療院には夕方に通えるのと土曜もやってくれるのとで、今年の1月以降は2日と空けずに足繁く通った。まだ通っているのだけれど、最近は2日、3日と空けられるようになった、おかげで10km以上のジョグもできるようになった。


まだ完治とはいかない、どうしても走る距離が長くなるのが最大の原因であることははっきりしているので、悪化を未然に防げるよう注意を払いたい。

余録

坐骨神経痛―診断と治療の最前線 自ら痛みを改善する方法

先日の田布施のレース、スタート地点の図書館で偶然にも目に入った本。

この手の本は平均的にまとめてある、読んで良くなるほどには簡単でもないものだけれど悪くはない内容だった。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。