安全ベスト

「安全ベルト」でなく「安全ベスト」。

昨年の今頃から、夜、暗い中を走るときは、道路工事、建設現場その他の作業員が皆、着用する黄色(or白)のV字に反射材のついた安全ベストを着て走っている。

おかしいとか、恥ずかしいとかでなく背後からの車の音に全く気付けないということもあるのだけれど、何しろ街灯も全くない箇所さえある山のふもとのカントリーロードなので。

交通安全用の反射材としては腕にまいたり、以前はたすきタイプのを使っていたのだけれど、車の側からするとそれくらいでは全然、目立たないし、不安定だったり、で。ベストなら視認性、安定性とも抜群。たすきよりかえってカッコイイ(・・・と個人的には思う)。

メッシュ地なので意外に涼しく軽く、ホームセンターで900円からと値段も手頃。カントリーロードで時々、すれ違うウォーキングのおじいさん、おばさん、犬の散歩のおかあさん・・・と最近は着用仲間も増えてきている。

「ヴェスト(vest)を着て、ベスト(best)を目指そう」──僕なら、このフレーズで売り出すが・・・。

結構、便利で使えるよ。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。