世界の友らとも再会

前回メルボルン大会時に知った顔も大勢。うち、割と親しい選手も。前回大会時のブログでも記した、10000mで僕同様に順位がおかしいことを抗議してくれた、フィンランドの選手(僕が7位、彼が8位)。それから抗議された方の(周回数が足りずに後ほど失格になった)ウクライナの選手。彼とは閉会式や帰路の空港でも会って仲良くなっていたが、昨年のトルコの世界選手権でも僕のことを日本選手に尋ねてくれたのだという。 二人とはそれぞれ請われて記念撮影。フィンランドの選手は今回も同じくマラソンに出場。一方、ウクライナの彼はもうコーチの立場に変えたのだという。まあ本来僕もフィンランドの彼もそういう年齢でだからおじさん同士で通じるのだが。 他、覚えているのはロシアの選手。南アフリカ、ケニアのアフリカ勢もいたのだけれど、彼らとはレースでは最初から離されてしまったのと顔の区分がつきにくいのとで覚えていない。 ともかくまあ、再会を喜べた選手もいれば、相変わらず手強い国の選手もいる、また新しい顔もいる、でレースモードに火が灯った時間。

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。