給水の失敗、こぼれ話

数キロ行かずに汗で身体はびっしょりになった。 晴れでも雨でも曇りでも、風が吹いても吹かなくても、とにかく異様な蒸し暑さは変わらなかった。当日の天気がどうなるか、多少は気にしていたが、さほどの関心はなかった。というのも、どう転んでも蒸し暑くなることだけは、現地入りしてみてはっきりと分かっていたから。 朝でも夜でも、外に出れば立っているだけで汗がまとわりついてくる国だった。建物の中はどこも過剰過ぎるほどの冷房をきかせていた。地元開催でも男女ともにマラソン選手がいなかったように、町の中を走るという文化はまだなさそうだった。地元の人にマラソンを走るといったらたびたび驚かれた。 スペシャルドリンクの給水テーブルは最初、国別に分けられるとのことだった。ついで男女別にも分けられるとのことだったが、そうなっていなかった。日本チームの勘違いだったのかもしれない。男女別、国別なら女子は何も考えないでいい。男子は3人の区別がつけばいい。 スペシャルは僕と女子は現地入りしてからペットボトルでつくった。ちなみに楽屋オチならぬこぼれ話になってしまうのだが、せっせと空きペットボトルをためて部屋のテーブルの上に置いていたら、ルームクリーニングで見事に捨てられてしまった・・・。 男子2人は日本から持参してきた。マスタードやケチャップ等に使う、よくある調味料ケースで飲みやすいタイプ。二人のが似ているから、自動的に僕のは分かるはずだった。 ところが、そうなっていなかったから、5kmの給水地点に近付いて不意を突かれた。頭の中にある男子2人の容器を最初に見つけて、その次に目に入ったものをつかんだら、それは女子のボトルだった。 すぐに気付いて手を放し、路上に落とした。振り返りざま「間違い!」と叫びつつ手話で伝えたのだが、手話の違う上、必ずしも役員(地元の学生ボランティアら)が手話が分かるわけではなかったから、意味が分かってくれたかどうか──。心配になりつつ、心の中で女子選手に詫びつつ進んだ。レース後に確認したら、分かってくれたようで、テーブルに戻しておいてもらえたようでよかった。 ついでにこのとき初めて後ろを振り返ったので、後続と少し距離があり、もう後ろも集団でないことを知った。 異常なほどの蒸し暑さの中のレースであるから、給水のミスは命取りになる(=比喩ではなく、間違いなく簡単に脱水状態になる)。次の7.5kmのスポンジまでが長かったこと。1kmごとの距離表示がない分、分かるのは5kmごとの給水ポイント、及びその中間のスポンジ箇所。夜の打ち上げでも話題になったが、横に海が広がるほぼ真っ直ぐなコースの、ほとんど集団もばらけての走りであるから2.5kmの距離さえ非常に長く感じられたことといったらなかった。 以後の給水地点では少し減速してでも慎重に確実につかんだ。「おぉ〜、生き返るぜ」と走りながら独り言ちしていた。 スポンジはすぐには捨てずに、しばらく持って走った。顔、首、腕、足・・・と汗をぬぐいつつ水を掛け、最後の一滴まで絞りつくした。 これまた夜の笑い話になったが、折返してから後半のスポンジが含んでいたのは、もう水ではなく熱いお湯になってしまっていた。

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。