海響マラソン無事完走

年度最初で最後

記録 2時間58分08秒(1.25.47-1.32.21)

練習できてない&睡眠とれてない中では十分過ぎる大満足の結果。練習できる環境にならない限りサブ3は相当至難(レースエントリもなかなか)…で、もう最後かものつもりで20数キロ以上は1年間未知の距離、終盤失速して抜かれまくりながらも、結果的には前半不安なくらいペース上がってしまった貯金が生きてくれた。

海響は44歳時の10年前から出場し始めて、なぜかサブ3の回数は33歳で初出場した防府よりも多い(ことに4ヶ月前くらいに気付かされ)。応援や大会運営の良さに加え、起伏と変化のあるコース、昨年の防府でも寒くて身体が冷え込んだ自分の体質的に温かいうちの開催その他…が自分にはいいみたいだ。

ただもちろん今回は相当無謀で甘い挑戦だったので、ダメージも大きく、Sブロック更衣所入口の階段1段目で激しく左ふくらはぎが痙攣してしまい、次いで右足は脛の前と横が吊り、さらに腰も内転筋も連鎖して…で5分以上動けなかった(*_*) ランナー次々帰ってくる中、練習していないとこうなる見本のような、情け無いことしきり( ´Д`)

あと今回は久々レースでしばらくぶりに会えた方がたくさんでしたが、5、6年前くらいから? お互いがそれぞれに相手の話をきいていて(笑)、という方がいて話しかけていただけました。年もほとんど同じで走り始めたのはだいぶ遅いながら今はもう全くかなわず、ですが、いい励みになります。

そんなこんな快晴だった一日、往復道中は3日の松田聖子三昧の録音聴きながら、でドライブも楽しみ。年度内のレースは、防府も再々延期された3月の東京も仕事ほかで出場は難しいので予定なし。ひとまず記録が残せて本当に良かった。

好天の一日

道下美里選手ゴールドポスト

ナイター

幻想

3月の駅伝に向けていた5kmT.Tで16.42の好タイムが出せていたので、今シーズンは16.30を切りたいと目論んでいたが、4月の記録会が16.56、そして今回は

17.13.84 と落ちる方はいとも簡単で、認識の甘さを思い知らされた。

5月は220km、6月は294kmと、今の環境の中では精一杯頑張っているが、大半ジョグでポイントはここ2週のトラック練習のみ、では堪えられなかった。

それでも汗の噴き出るレースの苦しさは日常生活にない高揚感をもたらしてくれて、走れるのは有り難い限り。役員の皆様に感謝。

帰って見た夕食時のTVでは、56歳の松本伊代が「まだ、16だから~♪」を歌っていた。自分もまだ最低16分にはこだわっていきたい。

記録会 5000m

ここ数年

レース出場少なく、トラックからも遠のいていたが、最近また身体が動くようになってきた(タイムは落ちるが)ので、久々に出てみようと出場。

ただ、朝は週の、というか、令和2年度の一年の疲労重く、命懸けで起きる(笑)=本当。

結果、疲れもあって動きはぱっとせず、3月に練習で走っていた5kmT.Tや先々週の駅伝8.6kmよりペースは遅く、5000m 16.56.74。

出走後、仕事に出向くつもりだったが、疲労重く断念。その分、来週の夜が連日遅くなる・・、冷静に考えると、(レースには出ず)朝は身体を休めて仕事に出向いた方が・・なのだが、どこかしら変化はないと。

今年度も、充分きついここ数年以上のハードワークになりそうだが、記録を狙うのは無理でも、時々は大会にチャレンジしたい。

自閉症啓発デー(4月2日)ブルーライトアップ