2017山口・名田島田園マラソン大会

悲しいほどお天気

木曜から出張もあり、自分はよく荒天の山口を逃れるように出かけることが多い、自分には4日続きの晴天。── それでではないけれど、標題アルバム聴きながら出向いた、別エントリ参照。

以前、部誌のテーマにもしたけれど山口は楽しい、またロケーション良いレースの豊かな県で、それは山口市に限ってみてもそうで、合併してからは特に市内だけでも充分にレースに困らない。

大原湖(徳地)、徳佐(阿東)、秋穂、この名田島、いずれも大会の個性あり、また副賞がユニークだったり入賞賞品が素晴らしい(限りなく部門1名のみ豪華なのも含めて)。阿知須で開催される駅伝も含めると、山口市は市民ランナーレベルでとても楽しめる大会に恵まれた地。

おかげで、最近は県内レースも段々、出不精になり、この1年は東京マラソン以外、県外に全く出向かず。市内と隣の防府マラソンでもう充分なほど。

さて、その東京に向けて土壇場まで走り込み中。あくまで本命は来週の、レースの結果は気にしないつもりでいたが、昨年よりタイムも良く上々。

しかし、このコース、上空から見たら、迷路の正解ルートをジグザグ巡っているような、10kmコースは思い出すに、折返しのUターン以外で、計20回の右左折を繰り返したと思う(笑)

  • 10km記録 33分35秒(大会新) 壮年男子1位/281人

2017/02/21 山口南総合センター発着

画像は本文に関係ないです

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。