第26回十種ヶ峰登山マラソン

短くてもキツイ...

手術後ということもあり、まだムリがあるかなと思いつつも、ロッヂ前スタートの5.45kmにエントリ。自分がこんなに走っていると誤解も与えてしまいそうなので一応までに述べると、この手術は神経がたくさん通るところにメスを入れて電極をさらにまた神経の中に沿って入れるので、顔面麻痺や味覚麻痺、目まい・・・といった後遺症の残る人も珍しくはなく、今回、ちょっと自分もふらつきがあって以前と同じように走れるかどうかには心配はあった。

幸い、大丈夫なようだが、まだ傷痕の痛みも残る時期なので下山を含めて転倒だけは絶対にしないように、ハードな山道の負荷高いレースはまだムリすべきでなかろうと都合のいい言い訳もいいきかせながら、過去、10kmの部でさえそんなことのない、最後の登山道はほとんど歩いてしまう体たらく。

前、一度だけ5.45kmの部を走った時は、ここまでで早々にくたばってしまう10kmに比べれば相当にラクだったことを覚えていたが、今回は「こんなはずでは・・・」と思うくらいに余裕無く最初からきつい。加齢と実力低下を思い知らされた。

あいにくの天気だったが、強風に雲の流れてふもとが垣間見えるのもそれはそれでまたオツな眺望。下山時に多くのランナーとすれ違えるのも楽しく、ちょうど土砂降りになっていた時なのに、皆、きつさを楽しんでいる様子は自分も見習わねば。

  • 一般男子10kmの部 31分35秒 3位
2016tokusa
今やオールスポーツさんをしのぐ名カメラマンより。毎年ありがとう。

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。