海響マラソン etc.

ワークライフバランス?

昨日の続き。

── の前に仕事が途方もなく続き、今夜も24時前に帰宅。マラソン後も翌日も・・・の疲れぬ我が身が悲しい(泣)。

人には呆れられもするし、自分でも充分、腹立たしい。なんで自分ばかりに質量がこれほど集中するのか? ── の割にたいして評価もされないのに(苦)。ワークライフバランスという言葉がむなしい・・・。昨年もこんなだったので福岡で倒れてしまったが、今年は1ヵ月早い。。。

気を取り直して──。

海響は普段、親しいシリアスレベルな県内・県外(特に対岸の福岡)ランナーは無論、県内のランナーも総結集して知った顔が多い(職場やその他や、で)のがとても楽しい。

毎年のようにすれ違う時、大きなアクションで応援してくれる方、本当にありがとう! 中に間を置いて続けて、の3名がいずれも前職場で同じだったメンバーだったのが面白かった。3名同士は重なっていないけれど、僕の方がそれぞれに1~2年、同じだった方。ついでに、で大変、失礼だけれど、今は庁内でない分、挨拶できていない、香典もありがとう(読んでると思うので)。

手を振ったけれど気付かなかった、といわれた、こちらも同じ職場だった彼は、まだ手の振り方が足りないから(笑)。本当に反対車線に飛び出して全身で訴えてくれるくらいなのが、先の3人。──に限らないけれど、皆、野球や山登りやその他や、それぞれに別の本職な趣味を持ちながら、そんなに走るようには見えなくとも海響だけは楽しく出走、というパターン。もちろん、時期がくればそのための練習をして、の楽しみ方が常々、いいなと思っています。

1万人出走の内、陸連登録が数百名、残りが一般の部。東京マラソンや海響に代表されるような、マンモス大会が始まるようになって以降、シリアスレベルでない気軽な層のランナーが広がったのは、以前から走っている層にも、愉しい気分にさせてくれている。

ゴール後は先輩になる副市長にもわざわざ駆け寄って声をかけていただき恐縮でした。

今いる職場(=課)関係からも3名、出ていった者も、前の職場からも、と、僕の職場は、たいていの職場単位で1~数名は出ていると思う、その意外さも面白い。

大会前週の同窓会でもその話題が多かったし、なんだかんだと自分がこうして色んな人と親しくなれている、きこえない身でいながら交友を広げられているのは、走っていることがきっかけだというのが多いわけで(もちろん、それ以外の純粋な? 仕事つながり、その他もあるけれど)、マラソンはきつい、もうやめてしまおうと何度も繰り返し思いつつも、本当にありがたいことだと、あらためて思わせられる。

image
海響マラソン 夜明け前

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。