山口ナイター陸上 (1)

2014/06/28 維新百年記念公園競技場

また転けた

月曜の練習中、走り終えようと歩を緩め止まりかけたところで躓き、前のめりに転倒。アスファルト路面に手をついてしまったので容赦なく手のひらを擦りむく。どうもこの一年、7月ドイツ(デフリンピック)、11月海響マラソン、12月福岡国際、1月市駅伝、それに今回と、レース前×3、中×1、後×1、と転倒ばかりだ。擦り傷なので走る分に直接の影響はないが、白血球他が忙しくなるので身体機能上決していいことではない。

もちろん言い訳になるはずもない笑い話だが、今回の結果の方もさえなく。

15分台ペースとなる3組目(5組中)で走りたいが、一昨年の9月を最後に15分台から遠ざかっているのでその資格なく2組目での出走。サバも読まず、過去の記録にいつまでもすがらず、実力で上の組入りを狙う、その気持ちが強かったのは事実だが、飛び出せ青春、的なその気持ちが強すぎたか、スタートで先頭に。2千手前でかわされるとあとはもう抜かれるばかり。

3千mいかずに終わってしまったような失速。この組では最初が速かっただけで、それほど速いペースでもないのだが、それでも落ちてしまうのが今の実力。8日の市選手権の記録にも届かず、先月末の記録会に同じタイム。体調は上向いてきているつもりでいた、練習もしてきたつもりだったが、疲労が抜けにくくなっているのか、何をいっても実力だが悔しい結果。5千の記録にこれほどの思いを持つのも久しぶりで、それだけ不甲斐ない気が強いということ。

度重なる転倒も思うように伸びない記録も、加齢のせいだとは安易に認めたくないので(笑)、また懲りずに頑張ろう。

2014ナイター

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。