回顧2011 完走記

充実した一年

例年のように各カテゴリ別の回顧をする余裕がないので、一番、簡単な(笑)ランニング関係について。

この一年のレースをあらためて振り返ってみると

1月 中国山口駅伝 1区 15.1km 50分33秒

4回目の1区。ケガでスタート前まで走れそうには思えなかったが、過去最高だった4年前に1秒差に迫る。

2月 サザン・セト大島ロードレース 10km 32分51秒

10kmは昨年に続けて2回目の出場。昨年から8秒短縮

2月 職場の駅伝 1区 4.32kmクロカン 13分50秒

もう何度目? の同じタイムを続けて9年間

3月 びわ湖毎日マラソン 40km関門DNF

出場資格の切れる最後の年。せめて一度くらいびわ湖でいい走りをしたかったが、びわ湖では初めての関門でゴールもできずに幕切れ。

5月 県選手権 10000m 33分02秒45

新競技場を初経験

5月 洞爺湖マラソン 20km打ち切り 1時間09分49秒

びわ湖のリベンジに挑むも当日朝の崖崩れにより20km打ち切りレースに変更。しかも、それを1人知らないまま20kmを通過してなお走り続けていた自分。結果的には今年一年で4回、臨んだマラソンの内、一番、体調が良かった、練習もできていただけに、あのまま行けていたら・・・行けていたはず・・・の無念な結果となった。

6月 記録会 5000m 16分12秒76

後半の失速にちょっとショック。

7月 ナイター陸上 5000m 15分52秒27

今年は2本のみの5000m、1本目が不首尾だったので、手堅く15分台を出しておく。

8月 十種ヶ峰登山マラソン 10km 46分36秒

昨年は腰を痛めて13年連続出場中が途切れてしまったが、自己ベストでリベンジ。

9月 九州一周駅伝選考会 15kmクロカン

気の早い周囲からは「応援に行く!」といわれていたが最終選考会にはお呼びかからず、でもいい練習をさせてもらえた。

11月 海響マラソン 2時間29分55秒

そのつもりはなかったが、35km以降、本気になってサブ30をもぎ取りにゆく。今年一年、一番の「想定外」。

11月 浜村杯秋穂ロードレース 33分01秒

12月 福岡国際マラソン 23km自主棄権DNF

12月 防府読売マラソン 10km 32分41秒

10kmに6年連続の出場。新コースで大会自己ベスト。

月1本強の全14レース、どれもとても良かった一年。びわ湖と福岡のDNFが目立つが、びわ湖はケガで走れていなかったので当然。福岡は海響で気持ちを使ってしまっていた、力はあったけれど、気持ちで走る自分にとって駆り立てるものが失せていた。

それ以外は本当に、今後、そう簡単には出せないような、どれもベストに近い、匹敵するような内容。海響マラソンの、あれほどの必死さはもう最初で最後だろうように、もうベストが簡単に出るような年ではないことを考えると、出来過ぎの一年だった。

(1位ではないけど)ゴールテープの嬉しかった瞬間
(1位ではないけど)ゴールテープの嬉しかった瞬間

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。