洞爺湖マラソン2011 - 1 バカな...人

2011/05/22 洞爺湖畔一周マラソンコース

20km打ち切り

昨年度は半年、走れなかったくらいにケガ続き。福岡とびわ湖がともに満足する状態でスタートできなかった悔しさが残っているので2年前同様、まだシーズンは終わっていないつもりで出場。

結果は既に多くのブログで語られているとおり、当日朝の崖崩れによる道路通行止めで急きょ20km打ち切りのレースに変更。何とも無念な、異例の大会となった。フルに申し込んでいた3千数百人ランナーの落胆、いかばかりだったか。

今年はほろ苦かった北海道限定 SAPPORO CLASSIC 洞爺駅にてヤケ酒 1
今年はほろ苦かった北海道限定 SAPPORO CLASSIC 洞爺駅にてヤケ酒 1

稀有な人

しかし、ここに一人の稀有なバカが──。

3千人以上の中でただ一人? そうとも知らずにずっと走っていた自分。周囲の皆は当日朝、突然の変更連絡にモチベーションを大きく下げながらも、もちろん、20kmレースとして突っ走っている。そんな中で僕はたった一人、徹頭徹尾マラソンと疑わずに自分に実況中継しながら走っていた。

20kmのゴール地点を走り止めずに通過(爆) 本人にしてみればまだ序盤のつもりで、5kmごとのラップボタンをいつものように押しただけ。スプリットタイムは動き続けていた・・・(泣)。しばらくして、ようやくただ事でなさそうな事態に気付く。何だ、この展開は? ドッキリか? 悪い夢でも見ているのか? 自分の頭がどうかしたのか? と本気で混乱したほど。ここに約一名(一匹)、20kmと数百メートル走って突然に止めさせられた、ようやくに事情を知った彼の心境、いかばかりだったか。

僕にしてみれば、マラソンが走れなかったことの(皆と同じ)ショックに加えて、20kmレースさえそのつもりで走れなかった、ダブル・ショック。

幸せとは

マラソンは人を哲学者にする。

後になってみれば、確かに── というのはいくつもうなずける。スタートから皆、猛然と飛び出していった。すぐに3位集団の先頭に立った2年前とは一転、20人以上が前を走っている全く違う光景に、そんなに急に出場者のレベルが高くなるかな、と信じられない気持ちだった。

僕の知ったランナーが前方を走っている、また、どう見てもそのフォームでマラソンを走りきれるとは思えないランナーが必死になっている。まあ、いずれ抜くことになるだろうと思いつつ、実際に抜いていったわけであるけれど、とにかくみんなマラソンとは思えない懸命な走りだった(当然だ)。

15km過ぎだったか? に一度、抜いたランナーが19km過ぎて最後、猛然とスパートをかけて僕を追い越していった。「はぁ?」「何でここでダッシュするの?」「バカじゃないの?」(=ゴメンナサイ)と思ったが、何のことはない、大バカなのは僕の方である。

ちなみにこの選手が20kmで走り止めたのを見て「何だ、20kmのつもりで走っていたのか」と分かるのだが、僕はまだこの選手が20kmの練習のつもりで走っていたのだと思った(=そういうケースは珍しくない)。直後、さらに5、6人が止めているのが目に入る。「あれ?」「みんな20kmの練習?」(=まだ気付かないバカ)

しかし、ここ2年、1位の彼の姿が見えないので、動揺しつつも走り続けた。きっと、彼らも走り止めない僕を見て「正気か?」と思ったことだろう。1位はだいぶ早くゴールしていたからちょっと離れた位置にいただけで、その姿を見てやっと僕も「変だ」と気付いた次第である(それから100mくらい走ってやめた)。「今年も彼に次いで2位か」と思ったりもしていたのだが、この瞬間に限っては 1位に躍り出ていたわけだ(笑)

まあしかし、こう書くと、中止を知らなかった不幸な人間ではあるけれど、マラソンのつもりで走っていた、緊張感を切らさずに走っていたのは間抜けではあるものの、ただ一人、マラソンの気持ちのまま走れたのは幸せだったのかもしれない。通常、手に入れられない奇特な心情(笑) 詭弁ではあるけれどね。そうでも思わないと・・・。

せっかくなので、奇特なレース展開など、もうちょっと完走記にしておこうと思う。

KIOSK は350ml缶しかなかったのでコープで買い足した500ml缶 スーパー北斗内にてヤケ酒 2
駅KIOSK は350ml缶しかなかったのでコープで買い足した500ml缶
スーパー北斗内にてヤケ酒 2

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。