山口ナイター陸上 (1)

2011/07/02 維新百年記念公園競技場

年々

先月の記録会の16分12秒がショックだったのは、最初の1000mが3分をわずかに切るくらいのちょっと早いかなという入りでも後半に大きく崩れてしまったこと。昔は──といっても30代後半の頃は──2分55秒で入って後半バテても15分50秒くらいにはおさまっていたし、昨年も3分1秒──15分44秒で40代ベストをクリアできていた。

無理が利かなくなっているのか力の衰えか、もう今年のトラックはこの一本しかないので後も無く、体調も最近、落ちていたから今日は手堅くいくつもりで、とりあえずショックを引きずらない程度のタイムを目指してスローに入る。

後ろを見てないので分からないが、多分、最後尾近くで走り始め、終わってみれば先頭集団から差が開いた、2番手の10番目でゴール。順位を上げていったというより、前の10代、20代選手があっけなくどんどん落ちてきただけ(=1ヶ月前の自分がそうだったが・・・)。

先月に比べて10秒近くもスローに入れば、さすがに余裕も残せ、結果、最低限の15分台は残せたものの、ここ3年の44~45秒には8秒も及ばず。蒸し暑いこの時期のレースのせいか、先頭集団も申告タイム(実力)からすると不思議なくらいに非常なスローペースで集団はずっと崩れず、僕もついてゆけないペースではなかった、やはり自分も変に慎重にならず記録を狙ってついてゆくべきだった、攻めてゆくべきだったと反省。

5000mの8秒差はマラソンで2分くらい影響してくるから、マラソンは厳しくなりそうと覚悟してトレーニングはひとまずこれにて一区切り。暑い夏はしばらく身体を休めよう。

新設競技場
2度目の新設競技場でスタンドに初めて上がってみた&第3コーナー脇(バックストレート向こうの裏)にも練習走路があるのを発見して驚く

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。