洞爺湖マラソン2009 - 4

景気に連動?

歓迎 洞爺湖マラソン
歓迎 洞爺湖マラソン

口にすると本当にそうなりそうで怖くていえなかったのが、昨秋の世界同時不況以降の景況と我が身の状況の何とも似通っていたこと。10月末、株価の大暴落と時期を同じくして襲われたケガで、まず福岡国際への2年連続欠場を余儀なくされた。それまでが春先から非常に好調だった──40代で再び10000m 32分台を2本揃えるなど──だけに一気に底に落ちた感じだった。

その後、ずっと低迷。年が明けて今度は貧血が判明し、さらには疲労骨折が追い打ちをかけた。3月に走れるようになったと思ったらまた貧血のぶり返し。戻りそうで戻らない株価。上値の重しが強かったように、僕の体調も一時的に上向くことはあっても続かない。一進一退を繰り返す停滞状況だった。

応援、激励にこたえられず

3月、周囲が既に春のトラックシーズンに向けて始動していた頃にまだシーズンを終えていないつもりでいたこと、自分にはこれからがシーズン と意気込んでいたことは以前、書いたとおり(2009-03-11)

ところが、徐々に練習できるようになっていたつもりが、津和野のハーフでは散々な走り。書かなかったけれど、過去9年のワースト記録(1時間17分)に終わる始末。津和野は自分の大好きで相性のいい大会と自信を持っていたのに・・・。春レースの大好きな自分が、次の田布施・10kmをひとつパスして4週経った後の大原湖5kmに臨んでも、同じく過去8年遡るワースト(16分40秒)。

いつまでも回復しない状況にかなり暗い気持ちが続いていた。特に今年はデフリンピックに向けて2009年 今年にかける 勝負の年と 1月のNHKでも放映されていただけに、色んなところで応援をもらえていた。(放映で宣言していた)「別大はどうだった?」「びわ湖は?」ときかれることも多かったから余計に忸怩たる思いが続いていた。

放映後にもらえた応援メッセージ
放映後にもらえた応援メッセージ

TV放映後には、一年前、別大で自己ベストを出した時にお祝いをもらえていた聾学校の子らから、再び、今度は激励のメッセージをもらえていたのに、卒業、進級してゆく生徒らに結果を見せられないまま季節が変わっていった。唇をかむ悔しさが募っていた。

何とかもう一本

色んな方が心配してくれる中、大会のちょうど一ヶ月前、最近の調子を尋ねられて答えたメールが当時の心境をよく物語っている。

お久しぶりです。ご無沙汰しているまま、季節も変わりましたが、私の方は・・・。


さて、かすみがうらマラソンですが、体調不良が続いていたため欠場していました。昨年末は体調も回復しつつあったのですが、今年に入ってすぐれないまま、一時的に浮上しつつも下降を繰り返すといった具合で、なかなか安定飛行のところまでいっていません。私も悔しい思いをしています。


今まだアキレス腱の痛みや体調悪化(貧血や内臓の疲労)も完全には脱していませんが、それでもあたたかくなったことで、4月に入って手応えは感じています。


デフリンピック選出の内定はもらえているので、あえて本大会前に無理をする必要はないのですが、自分としても昨シーズン走れなかった不満が残っています。


懲りずに・・・ですが、来月の洞爺湖マラソン(5/24)への出場を考えています。


今からちょうど1ヶ月の短い期間ではベストの状態に仕上げるのは程遠いでしょうが、「何とか1本、走りきっておきたい」という気持ちを持っています(あくまで本大会が大事なので、無理はしませんが)。


連休はデフリンピックに向けての強化合宿にも出向きます。

2009-04-23

これまた欠場(DNS)続きで人には(ブログにも)言えずにいたのだけれど、4月のかすみがうらマラソンにもエントリしていたほど「何とか一本」走りたい思いは強かった。

まあでも、当時から「体調さえ取り戻せば力は絶対に落ちていないはず」という自信はあった。津和野も大原湖も、貧血でも風邪でもそれくらいは走れるのだと変な自信にはなっていた。

日本経済もひと頃、「5月危機」の不安がささやかれながら最悪期は脱しつつあるように、僕も何とか雲の上に顔だけは出せたかなというところだ。福岡-防府-別大-びわ湖-かすみがうら・・・と DNSは続いたけれど、無理すべきでない時に自重しておいたのが良かった。徒に馬齢を重た訳でない。多少は学習能力も身に付けた。おかげで半年、気持ちを切らさずに力を溜めることができた。

6年前も昨年のベストも貧血や臀筋断裂の後だったように不遇の後は必ず取り戻してきた。転んでもただでは起きあがらないつもりで。

もちろん、この先まだ予断を許さず本戦に向けて慎重に調整しないといけないのも景気と同じだけれどね。

例により長い完走記。本当に今回は走れずにいた期間が長かっただけに嬉しいので(涙)。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。