山口ナイター陸上 (1)

2009/07/04 維新百年記念公園補助競技場

マラソン、時々5000m

昨年は同じこの日(7/5)、昼間にエアコン2台を買い求めて奔走していたことを思い出す。あれから景気は急降下し、ベスト電器山口店はビックカメラに看板替えし、今年だったら安いエアコンにもエコポイントが付いた(?)んだろうと思う。一年で随分と世の中、変わった感じがする。

僕のレースモードも今年は例年と勝手がだいぶ違い、マラソンシーズンをやっと終えられたのが5月末の洞爺湖である上、3ヶ月はさんで今度のが本命レース。本当はマラソン後の身体をしっかり休めてからトラックでスピードを磨き、走り込んでスタミナを付け、徐々にレースペースを意識した練習に移行しつつ仕上げてゆく・・・といった、いわゆる期分けを行ってじっくりゆくべきなのだが、セオリーをこなす時間もない。スピードもスタミナも休養もミックスブレンドの、かつ一番、暑い7-8月に濃縮還元で仕上げてゆくことになる。その一環でちょっとだけトラックシーズンにも参戦。

15分45秒でエントリ申請してみたら、5000m4組中の2組1番の割り当て。16分2秒の先月の記録は、マラソン直後だったからという理由よりも風の強い日だったから。風がなければこのくらいは出せるだろうと思ったらそのとおりになった(苦)。


皆のシューズにピントが合ってしまった Nice Shot

どうもナンバーカード1によく当たってしまう(嬉しくはない)。願わくばビリ番でもいいから次の3組で走って記録を狙いたかったが、正直すぎるというか実力の現状認識がピンポイントに正確というか・・・。ちなみに3組で走っても順位はちょうど真ん中相当で、15分40秒がエントリ最下位のはずが、みんなハデにサバを読んでいる。僕も次はもっと大胆にサバを読んでみよう・・・と思ったがもう次はなかった。

トラックのための練習をするつもりもなく、今ひとつの結果だった血液検査の今の状態なりに走れればいいと思っていた中では、程よい蒸し暑さのおかげで身体はよく動いてくれた。今ひとつ苦しみもなく追い込めなかった気がするけれど、マラソンに向けての刺激としては充分。欲を出し過ぎてもケガをするので、まずはスタートラインに立てることを第一に考えて、これから暑い夏の練習をうまくこなしたい。


レース後は王将で
レース後はしっかり食べて貧血と低蛋白を改善


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。