第40回防府読売マラソン

2009/12/20 防府市陸上競技場発着

体調はひどかったが郷里で走り納め

福岡で肉離れを起こしていた。治りかけていたのを、レース向けに練習した木、金曜で悪化させてしまった。金曜午後から歩くのも痛い状況が続く。

金曜の忘年会で気分が悪くなってから土曜はダウンして寝込む。腹にくるカゼのよう。どうもこの時期には簡単に弱ってしまう身体。土曜に休めたので何とか朝には向かうも力が入らない。防府の実家からはレース後の渋滞を回避すべく自転車で向かうもエントリハガキを忘れて戻ったり、ゼッケンを前後逆に付けたり、ランシャツを着るのも最初、後ろ前だったり、せっかくもらえたスーパーヴァームもバッグの中で全部、漏れてしまったり、携帯を忘れたと会場に引き帰したり・・・とボケばかりで集中力に欠けていた。

10kmの部に出ているここ4年でも最悪の体調。アップは普段の3割しかできずに途中で立ち止まってしまう有様。防府でなければ間違いなくDNSにしているところだけれど、何より郷里であり、あと何度、見てもらえるか分からない両親の応援があり、新聞のコラム連載もしているし、で渇を入れてスタート。

何とか走れたものの

今日は画像無し
最近は鏡面仕上げの盾が増えてきた

それでも防府だから走らせてくれるのかどうか、終わってみれば、よくこの状態でこのタイムにとどめたな、という状況。ちゃんと走り切れただけで今日は充分。

この防府にはいいコンディションで臨めない年が続いている。もちろん、レースは分かっていることなので、ケガも体調悪化も自己管理が足りなかった、甘えがあったのは否めず。

それにしても10km壮年の周囲もすごい。2位~6位は先々週の福岡国際を皆、走っているのだけれど(それだけでも僕としては充分、疲れているんだけれど)、僕以外の4人はさらに11月の海響マラソンも走っているタフさは真似できない。もっというと福岡も防府も毎年のように続けてフルを走っている人も多く・・・。

応援に収穫

レース後は36km地点で応援。予報通りに風強く冷たく、で今日は厳しいコンディションだった。ランナーも皆、一番、きついところだけに見るに忍びないほど打ちひしがれていた。

でも、それでも必死に走る姿は心を打つところ大で、最初は少しだけ応援、のつもりが結局、ほぼ全員の通過を応援した。本当に見ているだけでこちらも感動させられて、自分も大いに勇気付けられ、力をもらえた。

常日頃から思っているけれど、本当に5km、10kmレースでいくら速く、入賞することよりも、順位など二の次でもマラソンを完走することの方がずっと尊いものだと思う。決して人には勧められない、健康レベルならジョギング程度、せいぜい5kmレースくらいでとどめておくのがいいけれど、極限の苦しさが分かっていてマラソンに取り組む人って本当にすごい。それが全国各地から老若男女とやってくるのだから。

今日は自分のふがいなさがあっただけに、応援の方に収穫が大きかった。フルを走られたランナーの皆さん、おつかれさまでした。厳しいコンディションだったと思いますが、これに懲りずにまた来年以降も防府に来てください。


 

  Related Entries


 comment
  1. みっちー より:

    悪条件の中、3位入賞おめでとうございます。今年の壮年はゆうこうさんが来ていてレベルも高かったのでしょうね。
    マラソンの応援ありがとうございました。身体が動かず、きつかったですし、とおくから羊さんの姿に気づいたので、すごくうれしかったです。しかしごらん頂いたとおりの有様でなさけない気持ちでした。
    羊さんは本当に精神的にも強いですね・・・。
    次の別大こそは・・・!!

  2. LOVE250 より:

    初めて投稿させていただきます。
    山口の某ランニングクラブ(赤いユニホームがトレードマーク)に所属しているN野といいます。
    このたびの防府読売では、3位入賞おめでとうございます。また、10kmの部出場後であるにもかかわらず大変寒い中、36km地点での応援ありがとうございました。
    今年は完全な練習不足から早い段階で足にきてしまい、28km過ぎくらいからは足が痙攣したような状態で無理やり走っていました。そのためスピードを上げることもできず、寒さから震えながら走っている(ほとんど歩いているようなスピードでしたが)ような状態のとき、突然の羊さんの熱烈な応援は、とても力になりました。私は、あのとき突然の応援に驚いたのと、消耗しきっていたため、確かな記憶ではないのですが、私の名前を呼んでいただいたように感じたのですが・・・
    正直少しだけ面識はありましたが(といっても羊さんはあまり記憶にないかもしれませんが)羊さんに応援していただけるとは思ってもいませんでしたのでとても嬉しく感激しました。
    仮に名前を呼んでいただいたというのは、朦朧とした私の勘違いかもしれませんが、それでも羊さんのあの力一杯の応援は本当に力になりました。
    おかげさまで残りの6kmちょっとを、km7分ペースではありましたが、無事走りきりゴールすることができました。
    本当にありがとうございました。

  3. より:

    みっちー、おつかれさまでした。
    今年も10kmの部で相まみえるかと思いきや、福岡に続けてマラソンの連戦とはすごいです。
    必ずやその意気込み、いつか結び付くはずです。
    これからも応援しています。
    がんばってください!
    だいぶ先からもセカンド(?)ユニフォーム、よく分かりましたよ!

  4. より:

    LOVE250さん、はじめまして。
    少しだけの面識とはとんでもない、こちらこそいつもお世話になっています。
    色々、お礼すべきこともたくさんあります!
    本当にあそこ(36~37km)は苦しいところですね。30kmで既にまいっているところ、まだゴールまで5km以上もあるなんて考えられない(考えたくない)箇所。
    みんな壮絶な状況でした。
    おまけに3時前後から一層、寒く小雪も舞ってきて、トップより後方の選手ほど追い打ちをかけられたレースだったと思います。
    それでもN野さん含めて皆、前に進もうとする姿にこちらこそ熱くさせられました。
    ペースは落ちても(というか、あの状況でペースの落ちない人はいないと思いますが)、完走できてよかったですね。
    きついレースを経験しておくのも後々に必ず活きてきますから。ゆっくり休んでください。
    またお会いしましょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。