第63回福岡国際マラソン選手権大会 4

早、気持ちは次へ

僕の完走記はまだしばらく時間がかかるだろうけれど、福岡を走り終えたランナーは早、もう次の目標に向かっている。夜の打ち上げはレースを振り返るのもそこそこに、次の目標を熱く語っている、これがランナーの性(さが)。

スタート後、競技場周回
スタート後、競技場周回(後ほど、動画も掲載します)

僕なんかは今回の福岡で激しく消耗した、絶対にもうしばらく走らない! と思えた、願わくばデフリンピックの余韻に向こう4年くらい浸っていたいのだけれど、時は公平に万人にチャンスを用意する。

近いところでは防府、別大、延岡、びわ湖──。

記録の出やすい防府

次は防府。僕は防府で生まれ育ち福岡で青春を過ごした、ともに思い入れの強い地だけに、毎年どちらを走るか悩ましいのだけれど、防府も非常にいい大会。全国のランナーを見ていると、特に東京、東日本の選手は福岡に憧れを強く持っていることがよく分かるのだけれど、個人的にみて、より走りやすい、記録が出やすいのは防府だと思う。ここ最近は天気に恵まれていないけれど、元々はあまり天気の崩れないところ。福岡では絶対に受ける強い風も防府はそれほどでない、コースもフラット。

近隣圏のランナーもよく分かっていて、福岡よりも防府が好き、防府に愛着と思い入れあるランナーが意外に多い(=防府出身、山口県民としてもとても嬉しい)。

コース変更で走りやすくなる? 別大

思い入れの強い防府、福岡。でも僕はケガで回避することも多くて、結果的に走った回数の一番多いのが別大。ケガ明けにその分をきっちり取り戻して自己ベストを2度、出した大会。復活の地。

今年は、より記録の出やすいようにコース変更されたとのこと。スタート/ゴールも別。気持ち的にはスタートしたところに帰って来ないのはすっきりしないような・・・。

東京に補欠当選

東京マラソンの追加抽選に当選したメールのあったのが11月24日。「わぉ!」って喜ぶ。今回、当初、27万人超が応募して3万人が当選の倍率は8.9倍だったらしい。追加で何人、当選したのか知らないけれど、普通に考えても残り24万人の中から数千人(数百人?)の当選倍率って驚異的!

=====================================================================
   ◇◇ 東京マラソン 抽選結果(追加当選)のお知らせ ◇◇
=====================================================================
ヒツジ 様
受付番号:132298
このたびは東京マラソンへご応募いただき、誠にありがとうございました。
11月中旬に追加当選の抽選を実施いたしました。
厳正なる抽選を行いましたところ、当選とさせていただきました。
つきましては、下記の入金支払用URLにアクセスし、参加料および手数料の
お支払いをお願いします。
なお、下記に定める期限内にお振込みがない場合には、当選無効となりますので
ご注意ください。

我ながらすごい強運!・・・東京行きのフライト+宿もキャンセル待ちで慌てて確保したのだけれど、福岡後にはそれらも即、キャンセル。今夜11時の入金締切も淡々と見送ることにした。

元々、東京は記録狙いでなくFUN RUNのつもりで、今年は一度の出張もないから観光メインで行こうと思っていたのだけれど、それすらできそうにないほど今回の福岡で激しく体力を消耗した。かつ、そのくらい今回の福岡の走りに満足し納得している。

切望しながら4回落ち続けている人もいる中、あっけなく袖に振るのは申し訳ない、心情的には当選券をあげてもいい、今回の僥倖を捨てるようでは今後将来、もう二度と当選はない? かもしれない。でも僕は2年前の選考会の部で出たあの時がランナー人生のピークだった? とも思っているので、一度、味わえてもう充分。加えて今年の東京は翌週のびわ湖と続くスケジュールの点でもよくない。

びわ湖もコース変更

びわ湖からも
びわ湖からも

昨日は防府のエントリ通知が来た、今夜は東京の入金締切・・・と、色々、忙しい中、今日はびわ湖の要綱も郵送されてきた。別大の申込み締切もまだなのに早いなあ・・・。びわ湖は唯一、向こうから要綱のやって来る大会で、やはり福岡の結果を見て配布してるんだろうね。福岡の終わった夜から「びわ湖」のキーワードでくる来訪者も増えてきた。

見ると、びわ湖も少しコース変更。びわ湖は別大以上に全く同じ道を往復するコースなのだけれど、唯一、中間点のところが約2kmほど、正方形の四つ角をぐるりと廻る。それゆえ単純な折返しのようには選手がすれ違えない。すれ違うのは回り終わった一部のトップグループと、今から回る最後尾グループ(=僕)のみ。それではあまりに走っている選手には残念、せっかくの面白味を走っている選手自身が味わえない、と完走記でも書いた。

そのみんな思っていたはずのことが改良されるのは大歓迎。今度のは、これまで20km関門となっていた浄水場の先で折返しになるよう。

福岡を走り終わったときは、もうマラソンは懲り懲りと感じた。今年は本来、デフリンピックだけで4年分の力を使い果たした、その前哨戦の洞爺湖、また余韻の福岡を込めて半年で3本と、他のランナーのようにはタフでない分、びわ湖の資格を再び得られはしたけれど、今年は静かに見送ろうと思っていたのだけれど、また悩ましくなってきた・・・。

テレビのニュースを見ながら打っていると、恒例の「今年の漢字」として「新」が発表されたという。昨日は創作四字熟語だった。僕も自分にとっての各地のマラソンレースを一言でそれぞれ言い表すなら

  • 防府 「郷里」
  • 福岡 「青春」
  • 別大 「復活」
  • 東京 「興奮」
  • びわ湖 「名誉」

といったところだろうか。


 

  Related Entries


 comment
  1. スシール より:

     羊さん、早速私の拙いHPをのぞいていただきありがとうございました。
     
     私も実は東京に初めて申し込み、そのまま当たってしまいました。非常に混雑するということで、4年前に始まった当初から出場する気はなかったのですが、東京にいる高齢の伯父と伯母に勇姿?を見せてやりたいと思い、今回だけは走る予定です。
     羊さんは東京をキャンセルしたとのことですが、本当にどこかの大会でお会いしたいものですね。
     私の所に泊まってもらって結構ですので群馬の大会に参加するというのはいかがでしょうか(マジで)。
     もっとも、私の順位が落ちるので種目は変えていただく必要がありますが(笑)。

  2. より:

    スシールさん、ありがたい申し出をありがとうございます。
    群馬の大会、是非、いつかうかがいたいと思います。
    東京はたまたま今年の蓄積疲労とスケジュールとで、あきらめましたが、普通なら是非、走りたい(遊びたい)大会です。
    スタート前、そして銀座~浅草間の興奮は忘れられません。
    日本人ならではの細やかな配慮や運営や・・・は世界一レベルでしょうし参加して損はないですね。
    始まったときは東京国際を目標にする(=2時間30分の資格)がなくなってがっかりし、反感を覚えたのですが、確かにマンモス大会ゆえの熱狂的な楽しさはあると思います。
    逆に静かで自然美がよかったのは洞爺湖でした。
    予算と時間をみつけて今後も楽しみたいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。