第35回職場の駅伝

2009/02/21 セミナーパーク周回コース
1区4.32km

快晴の一日

これまでなら2時間前に着くと、まだ会場要員か陸上部員くらいしかいなかったのに、今では花見の場所取りかというくらいに既に大勢で賑わっている。例により異様に盛り上がる大会の、加えて、今のものすごいマラソンブームとあっての熱気に包まれたお祭り行事。


昨年も記したが、例えば、トヨタ──

「応援してくれる人、社員の間にぼくとつとした雰囲気が残っている」。職場対抗駅伝には4000人が参加、応援を含めると2万人が集う。巨大企業ゆえにスポーツが求心力の一助をなす。


2009/02/23日経 企業スポーツの危機2「トヨタ 継続で存在感」

寒がりの僕が手袋無しでこの大会を走ったのは記憶にないほどの、快晴の好天に恵まれた日。選手も応援も笑顔が多くてのどかな一日だった。山のすぐそばだけに浴びせられた花粉も半端じゃなかったが・・・。

苦しみながら8割方まで戻してきた

最初の坂でもう苦しんだ
最初の坂でもう苦しんだ

1月の半ばに貧血と疲労骨折が同時に判明して、おまけに悪いことは重なるもので左右両脚のシンスプリントもアキレス腱痛もずっと引きずっている。10日前の最終エントリで「さすがに今年は無理そう」、元々、無理してつくっている職場のチームなので今さらの出場辞退は無理だろうからジョグペースでも走るけれど、せめて1区は交替してもらえないかと提案してみるも、それでもいいからと強行出場。

レースの結果は、わずか一行に集約される。残るものは、氏名、記録、区間順位、チーム順位の四項目だけである。そこには、怪我をしていたからとか、風邪をひいていたからと書かれることはない。


冬の喝采 1

まあでも、個人のブログでなら言い訳もいっぱいできる(笑)。

幸い、暖かさにつられた先週末の練習再開から火事場のクソ回復。8割の回復かな、というところ。あくまで個人的なイメージながら、9割あればたいていのレースでもいける、でも7割だと勝負は厳しい。年をとるとこうした現状認識だけは正確に予想できるようになるもので、タイムも走りもそのとおりとなった。

レースがリハビリ

同い年ライバルのM君と競う
同い年ライバルのM君と競う

ここ6年間は最初から独走し、山側の最初の坂を下りる頃にはもう後ろの視界がないくらいに勝負は決まっていたのだけれど、今回はトラック2周で先頭に立てない、トップに立っても最初の坂を下りた後のまだ1/3ゆかないところで、もう苦しい走り。後ろもごろごろ付いてきている。ギャラリーには数年ぶりに見応えある1区の展開になったはず。

天候コンディションよく、他の選手が軒並み、記録を縮めてきた中、僕はタイムを落として、13分台は維持できなかったけれど、貧血と脚の故障の回復していない中ではよく走れた方、充分な出来。チーム成績も昨年からだいぶ躍進した方じゃないかな。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。