第63回びわ湖毎日マラソン 10

2008/03/02 大津市皇子山陸上競技場発着、草津市新浜折返し

中間点手前から果敢に先頭を

20kmを1時間8分13秒で通過。大萱6丁目三差路を右折する頃、ちょうどトップ選手とすれ違う。何がきっかけだったというのでもない。それまでずっと3人の並走で付いていく形だったところ、2人の前に出る。僕が道路中央(右側)を走っていた分、右折しやすかったのかもしれない。これまで引っ張ってくれたのだから、今度は僕が交替してちょっとは引っ張るつもりの気持ちも。

この後、左折、右折と続いて折返しとなる草津市新浜入り(といっても草津市を走るのは400m足らず)。時計が設置されている中間点では「ついでなら1時間11分台がいいなあ」と思いつつも1時間12分01秒で通過。1年前のサザンセト・ハーフの記録よりちょうど1分いいタイム。

さらに新浜町交差点を右折(折返し)する頃、前の選手団が近付いて見えたせいもあった。「ついでなら」という気持ちが働いたのかもしれない。再び大萱6丁目三差路に戻って左折した後、前の集団についに追いつく。力んでいたつもりはないのだけれど、ペースを維持しようとすると、自然に前に出ていった。

追いついた選手も含めて9人で通過した25kmは1時間25分28秒。5kmラップ17分15秒(というから、やはり僕が上げたというより、前が少し、落ちたのだ)。

25kmで前の集団に追いつき、一時、追い越したが
25kmで前の集団に追いつき、一時、追い越したが

今度は余力なく

26km過ぎの給水地点。スペシャルを置かなかったことは最初に書いた。福岡、別大でベストを出せた時もそうだし、昨年のびわ湖も(紙コップながら)完走できたのだから、ゼネラルだけで充分のつもりだったが、一人の選手が自分のスペシャルを僕に手渡してくれた。

集団の前を行く僕がスペシャルのテーブルに全く近寄らないのを後ろからよく見ていてくれてたんだろうね。5km、10kmの地点ならともかく、既に後半に入ってみんな自分のことだけで必死のはずなのに、「そこまでしてくれるなんて」と厚意に感じ入った。ゴール後の控え室でもちょっと声をかけてくれた方、どうもありがとう! 結果的にこの後、失速することになったのだけれど、順位や記録だけでない、レース中でも人情というか、人間味を感じさせてくれた。

南郷洗堰を折れる手前では集団の先頭を維持する力なく、後れ始める。ついでながら、この橋は歴史的建造物らしい。応援の多い瀬田唐橋が日本三古橋、この先の石山寺は紫式部が「源氏物語」を構想した地らしい・・・と、古都大津というだけに歴史ある土地。来年は観光もしたいね。7人で通過した30kmは1時間43分14秒。5kmラップ17分46秒とだいぶ落ちたが、集団もまだ崩れず。その分、この後に危機感からペースアップしたろう集団にはっきりと遅れてゆく。

[橋]瀬田の唐橋 - 滋賀 - goo 地域


失速している瀬戸選手を追い抜く。かなり悪そう(35km関門を通過できず)。33km過ぎ、四度び唐橋に戻ってきた地点ではカネボウ応援団の悲嘆の表情が目に入ったが、僕自身も既に暗い心持ちになっていた。

優勝したシャミ選手(2)、2位アスメロン選手(6)、
17位バラノフスキー選手(1)、瀬戸選手(34)---17km過ぎ地点

30km通過の感覚としては別大と変わらないのだが、そこから力を振り絞ってゆけた別大と対照的に今度は尻すぼみ。東京マラソンを挟んだスパン的にも、最後に粘れる力が残っていなかった。35kmは2時間01分53秒と、なお福岡、別大の通過タイムを上回っていたものの5kmラップは18分39秒とはっきり失速。

終盤は完全にグロッキー

大津市街を走る頃には完全にアウトな状態。おまけに序盤、乗ってゆけた追い風が今度は向かい風になる比良山系からの吹き下ろし。僕自身は向かい風と感じることもなかった(くらいにペースダウンしていた)のだが、それまでの少し暖かいくらいの気温が下がって、とにかく冷えるな、ということを感じた。

昨年の20度を超した高温レースの方がまだ走れたくらいの、寒さに強いとはいえない僕には、この冷え込みはこたえた。

40km、背中を5回くらい叩いて激励してくれたマグナムが駆け抜けてゆく。「なんで今頃、ここに・・・」と思いつつ、あっという間に小さくなる後ろ姿。40kmは2時間23分27秒。昨年の40km通過タイムを4分半上回っているが、5kmラップは21分34秒と、完走を目指して必死だった昨年以上にペースダウン。

初出場のびわ湖で「「出た」だけではダメ、完走者に名前を残さないと・・・」と執念を持てていた昨年のモチベーションもないとつらい時間。昨年はラスト1km、そして競技場に戻ってきたとき歓喜したのに、あんなに嬉しかったのに・・・と思い出す。でもそんな中でも、残り1kmでまた背中を叩いてくれた若いK選手。ありがとう! 結果、最後の2.195kmも昨年より2分近く余計にかかって2時間34分54秒でゴール。


キロ5分超の撃沈ペースでもフォームは維持できている不思議

 

  Related Entries


 comment
  1. みっちー より:

    最後に失速したとはいえ、20キロ、30キロの通過タイムがすごく速い!!。来シーズンはさらに記録アップの感触ありですね!!

  2. より:

    来シーズンといわず、鳥取マラソンで活かしたかったところですね。
    みっちーに託します!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。