第63回びわ湖毎日マラソン 7

2008/03/02 大津市皇子山陸上競技場発着、草津市新浜折返し

レース後のダメージは昨年ほどでなく

完全に潰れている外側レーンの2人
完全に潰れている外側レーンの2人
歩幅30cmくらいのおもちゃのマーチ

35km以降はびわ湖の底に沈んで行った戦艦・羊。疲労困憊でゴールした後のダメージ編。

2週間前の東京マラソンでは、3日後の水曜にもう20km弱のペース走ができていた。びわ湖に向けて別大後の好調さをなお維持できていた、今日の陸上部・競技場練習も悪くはない感触だったが、無理する必要もないのでジョグにとどめておいた。

初めての3連続マラソン、さすがに今回3本目は脚にも身体にもきた。具体的なところでは、

  • 右足踝の内側の骨・・・これは1日で消えた
  • 右足底骨外側・・・少し続く

元々、僕は右足が長く大きく、アーチが潰れ、また足全体がやや腫れている。坐骨神経痛の症状になる臀部痛も持病として抱えていて・・・と故障が集中しやすい。今回の足底骨外側痛は3シーズン前の防府と同様。その時はデフリンピック直前合宿で全く走れなかったが、それに比べれば軽症。

大腿部では昨年のこのびわ湖完走記で大腿前面の筋肉痛が激しかったことを書いた。

レース後のダメージの大きさ。帰りの新幹線を待つホームでは、苦痛に顔をゆがめていないと立っていられないほどの全身(特に身体の内側、内臓)疲労に包まれていた。1週間経つ今も、両脚の筋痛が深部に突き刺さったままでいる。

太腿の前面に筋肉痛が強く出るなど、ランニング初心者のようで情けなくもなる。ただ、潰れた時の走りはフォームも狂って、あちこちにダメージの出ることが多いが、今回は股関節、膝、足首、足底骨、アキレス腱・・・等には一切、痛みが現れていない。最も大きな筋肉の部位の大腿四頭筋が、終盤の負荷を一点に受け止めてくれたことになる。まだ初心者なのだと自覚すれば、距離を踏むことで鍛える余地は残っている、と思いたい。


第62回びわ湖毎日マラソン (9)/完走記2006年度

ゴール後、顔も上げられず
疲労困憊のゴール後、顔も上げられず

今回は四頭筋、二頭筋の前後ともに一定の疲労感あるものの、アンバランスもなくジョグには影響ないレベル。福岡欠場後にトレーニングを再開した1月から何度か痛みを繰り返したことで、負荷に耐えられるようになってきている感あり。

その他は大きな痛みもなく良好。昨シーズン、福岡とびわ湖のレース後に全く走れなかったことに比べると格段にいい状態。今シーズンは臀筋断裂によるブランクこそあったものの、それだけの脚、身体をつくってきた自負はある。

といっても、別大でベストが出せ、今回も35kmまで過去最高ペースだった、これまで身体が経験したことのない領域に入ったのだから、深部に重いダメージを負っているはず。3週後には41歳になる年齢、そもそも今年一年は厄年だということを忘れず、実力を過信せず、しばらく回復させてやりたい。

ゴール後のタオル

競技場でのジョグを短く切り上げてから、疲労を癒すべく湯田温泉へ。

ところで、主要なマラソンレースでは、ゴールと同時に特大のタオルをもらえるケースが多い。

2年前の福岡はボストンばりにアルミ箔のマント、先月の東京ではポンチョ・・・というケースもあるけれど、大体はタオルが一般的。これも参加賞のTシャツ同様、もらえるのは嬉しいのだけれど、たまってくると大変。特に使い途なくかさばるばかり。

今日はレース後のタオルをそのまま温泉に持って出かけてみた。あらためて、というか初めて気付いたのは、こんな風にレース後(早め)の温泉に使うべきなんだろうね。これまでは有効活用できていなかったな。

タオルをかけてくれるのはたいてい女の子。要員として駆り出された地元の高校女子陸上部員といったところかな。ゴール後の憔悴した状態で気にとめたことはなかったけれど、タオル一つとっても選手にはとても有り難い、大切な仕事だね。今、思うと、終盤の風を受けて冷え込んだ身体にはとても暖かかった。遅ればせながら、これまでのゴールタオルと女の子達に感謝。


緑の草原を彷徨う羊・視線の先に何を思う・・・
緑の草原を彷徨い出す羊。視線の先に何を思う・・・

冷え切った身体に心地よかった Lake Biwa タオル

 

  Related Entries


 comment
  1. ken より:

    「完全に潰れている外側レーンの2人
    歩幅30cmくらいのおもちゃのマーチ」
    の写真には、大変失礼ですが、思わず笑ってしまいました。
    ところで、福岡国際マラソンでは、完走した人と棄権した人では、貰えるタオルの大きさが、全然違うのご存知でしたか?
    去年、2パターンの陸上部員のタオルを見比べて驚きました。
    今年は、皆で女子高校生に特大タオルを掛けてもらいましょう。

  2. より:

    ぼくは、40kmで関門にかかったのでタオルはもらえない予定でしたが、近道で早くゴール地点にいき、おばちゃんに「40kmで関門にかかりました。タオルください」とおねがいしたらくれました!! ふふ。

  3. より:

    >ken君
    それは知らなかったです。
    でも、棄権した人にまでタオルがもらえるのは珍しく、福岡はいい方だと思いますよ。
    別大は過去? 上位50位くらいまでが特大、以下は普通だったような・・・。今もだったかどうか覚えてないですが、今年は皆、大きかったような・・・。
    いずれにしても、ちゃんと完走してかけてもらいたいですね。これまで朦朧としていたので覚えてないので、次からは感謝してもらおうと思います。

  4. より:

    >ん
    そうそう、普通に走ってきてマグナムと話していたので、帰ってから関門ときいて「あれ」って思ってたところでした。
    棄権してもマグナムに会いにゆく二人の愛を見た思いでした。

  5. より:

    禁断の愛!?

  6. より:

    羨ましい・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。