第63回びわ湖毎日マラソン 6

2008/03/02 大津市皇子山陸上競技場発着、草津市新浜折返し

今年も最年長完走

今回、オーバーフォーティー(40歳超)ランナーは4名がエントリして全員、出走。これは前日、受付でのプログラムを見て初めて(遅れて)知ったのだけれど、内2名はハーフ資格(1時間10分内)での出場というのに驚かされた。年齢が行くほど、フル(2時間30分)よりもハーフの記録が厳しくなると思うのに。

お二方とも面識はなく、どなただったのか分からずじまいに終わったのが残念。フルのベストが23分台という43歳のKさんが最年長出場。もう一人は41歳(というから、同学年になるんだろうね)、Hさん。ハーフの記録のみ?

Kさんが15km関門、Hさんが40km関門を越えられなかったので、昨年に続き、今年も結果的に僕が40歳(11ヶ月)での最年長完走を果たすことができた。

マラソンも人生も折り返してから

もう一人が40歳(一学年下)、S君。彼の誕生日が早い! ので、僕が3月末の佐倉に出ない限り、フルマラソン年齢別ランキングで生涯、競う羽目になりそう・・・。ここ数年、抜群の実力と安定感。凄すぎる。昨年の39歳ランキング一位、二位(今年も?)といっても差は大きい。

今回も僕同様、東京後、中2週間でのレースながら疲れを感じさせない好記録。

彼がいるとランキングでも最年長記録も水をあけられてしまうのだけれど、でもおかげで素晴らしい目標。

20代、30代で記録が出るのは当たり前。マラソンも人生も後半、折り返してからが勝負。若いランナーに負けず、黄金のバブル世代の意地をこれからも見せてゆきたいね。

月齢(学年)ではわずかながらの最年長完走。こんなことで満足してはいけないのだけれど、でも誇りは大いに持っている。昨年は40歳超の完走はなかったのだから。

・・・と、ここまではいい気で書かせてもらうことを許してもらい、次回以降、びわ湖の底深くに沈んでゆく・・・。


23~30kmまでは一時、集団の前で引っ張った40歳2人
23~30kmまでは一時、集団の前で引っ張った40歳2人

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。