第63回びわ湖毎日マラソン 2

2008/03/02 大津市皇子山陸上競技場発着、草津市新浜折返し

カズ、41歳

今日(2月26日)はカズの41歳の誕生日。同学年で一番のスター、一番気になるライバル(=大きく出過ぎ)。そして4週間後(今年は閏年なので4週間+1日後)は僕も。

昨年のエントリで期待したとおりに、カズは40歳でもカッコ良くゴールを決めてくれた。日本人最年長ゴールとしていったんゴンの記録を抜いてから、もう一度、自身で更新したのがいいね。カズが頑張っているから僕もサブ30と自己記録更新を果たすことができた。

スポーツニュースによるとオーバーエージ枠で北京五輪に出たいらしい(!)けれど、僕もデフリンピックをもちろん視野に入れて。

フランスワールドカップ予選中、加茂監督解任後に抜擢された岡田監督がやはり当時、41歳だったとか。カズを切った岡田監督に今もって僕は好感を持てないのだけれど、その年までまだ現役でいるカズの凄さがあらためて分かる。

40歳ラストランのつもりで

カズに負けず、僕も41歳シーズンを前にもう一本、頑張るつもりのびわ湖。

山口からは2名の参戦。一人だった東京の選考会に比べ、今回はもう一人のエースに活躍を託せるから心強い。僕が頑張りたいのは、カズさながら最年長完走だった昨年同様に根性を見せたいこと。今年はオーバーフォーティーの出場が4人。例によりハーフ資格で出場してくる若い実業団選手、大学生ランナーが多いびわ湖、彼らに負けずにオジサンの意地を見せたいね。

びわ湖は何より関門が容赦なく厳しい。20km70分、25km88分という両地点が一番、タイトな箇所で、先の僕の別大・前半タイムでさえ20kmで軽くアウト。15km53分に引っかかる選手だって少なくない。

完走率が60%を切った昨年、よく走り切れたとものだと思うけれど、今年はどうだろう。別大、東京、びわ湖。中2週ずつ、30日足らずの間に3本も走るのは常識的には無謀。それでも、元々がFunランナー。普段、一人で練習しているだけに、大勢と走れるレースが何より楽しい。難関の関門も、それくらいのプレッシャーがあった方が僕は面白い。

昨年同様、どこまでゆけるか、まずは完走を目標にがんばってみるつもりだ。

びわ湖後にエントリしている大会もあるけれど、これも昨年同様、びわ湖がシーズンラストラン、40歳ラストランになるつもりの覚悟で臨みたい。


びわ湖毎日マラソン大会 公式サイト


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。