第57回別府大分毎日マラソン 2

ケガ続き、薄氷を踏む思いの日々

ランニングは健康的な様でいて、その実、マラソンなんて身体を壊しながら走っているようなもの。ケガ、故障に体調悪化・・・の不健康な日々。

10月末の臀筋断裂から、一応、今、復活したといえるのだけれど、新たなケガが絶えない。いつまた炸裂するか分からない地雷を注意深くよけるような、薄氷を踏む思いの日々。

貧血

11月にまるで走れなかったのに、練習の再開できた12月も体調がさえない。中旬、検査を受けると案の定、貧血。フェリチン12ng/ml(適正値25-230)、血清鉄55μg/dl(同80-180)。10月に昨年以上のトレーニングが積めていたのは、やはり負荷が高かったということ。

栄養もたっぷりと

マラソン1本走るためのトレーニングをこなそうとすると、簡単に貧血になってしまう(繰り返してしまう)。何とかしたい体質だけれど、しっかり食べて持ち堪えてくれることを願うのみ。

危うく風邪

仕事納め翌日(12/29)の部のタイムトライアルで20kmをペース走(*)。

* 今日の練習、年末にやっと

翌日(12/30)は続けて距離走にトライしたものの完遂ならず。前日に走れていたから気にはしなかったが、この日から元日朝まで襲った寒波にぶるぶる。雨雪が降ったり止んだりだったが、走っている途中に吹雪に変わり、気分が悪くなる。

最初は腹にきただけと思っていたが、帰宅する頃には悪寒がしてふらふらに。大袈裟でなく生きた心地がしなかった。年末年始、相次いだ冬山での遭難ニュースに、平地でこれだから、と考えるだけで身の毛がよだつ。

風邪引いてしまったかな? と思いつつも大事には至らず。ただ、この日から連日、軽いジョグでも途中から必ず、腹にきて下した。寒さもあって抵抗力が落ちていたと思う。休暇最後の日(1/3)の距離走はウェアの下に腹巻きして走った。

右大腿側面の筋肉痛

前回、エントリを立ち上げた日(1月6日)のペース走中に発症。10kmで突如、右腿に違和感。「まずいな」と思いつつ、その日は走り切れたのだけれど翌日に激しい痛みに変わる。

この日のペース走が直接の原因ではなく、その3日前、正月休暇最後の日に行った距離走の疲労が当然、あったはず。一番、きついメニューを中2日で続けたためだけれど、これも本来は中1日でトライしようと思っていたくらい。「ただの筋肉痛だから一、二日で・・・」のつもりが、どうも筋肉の深部に入り込んでいて回復が遅れる。

土曜の10000mタイムトライアルは止めるつもりの覚悟の中、走り切れたのが嬉しかったが、やはり夜から痛みが強くなる。別大に向けて最後のピークを強めるのに好都合な3連休、翌日曜、続けて距離走を考えていたのだけれど、とてもではなく見送り。

大事をとりつつ

連休最終日、ここで大いに迷う。スタートラインに立つことが何より大事で、無理を押して身体を壊してしまう無念さは福岡の出場断念で痛いほど経験したこと。大事をとって見送るか、あるいはそれでも決行するか。

結果、12月末から本格再開したとはいえ、練習量の不足は明らかゆえ、もう一本、ロードで距離を踏んでおきたかった。これでもたった2本。レースにも出ていないし、全然、足りないのだから、と決行。

悪化しないことを祈りながらトライ。ケガの功名で良かったというか、冷たい雨が降ったり止んだりの前日に対し、この日は好天に恵まれて走りやすかったこと。「何とかもってくれ」と願いつつ、痛みもとりあえずは出ずに完遂できて一安堵。ただ、完治したわけでないのはもちろん、10000m同様、後で強く出てきそうだから予断を許さない。

左足首の痛み

これは何なんだろう? 臀筋損傷が癒え始めて慎重にジョグを開始したのが11月末。情報芸術センター前の中央公園で。ここは芝の広がる適地で、部員もよくジョグに使っている。

ただ、もちろんランニングのためでない所なので、芝といっても、やや不整地で時々、足を取られてしまう感じがある。それでひねったのか、軽い捻挫のような、以来、今もずっと痛みが引かず続いている。特に朝は強く痛む。しばらく身体を動かすと、走り出すと支障ないけれど、翌朝にはまた痛みが出る。その繰り返しで1ヶ月以上になっている。

片足で立とうとするとかなり痛む。片足で立てないのに走ってはいる。実は一番、長引いている箇所で不安は大きい。距離走を決行したせいか、痛みがまた強くなっている。

あんなこんなで、薄氷を踏む思いの日々が続く。それでなくともこの時期は風邪、インフルエンザの季節。普段、身体を鍛えているはずのランナーがなぜ、体調を崩しやすいかというと、こんな風にレース前は疲労を溜めているから。あと、体脂肪が一般人に比べて低く、寒さがこたえるせいもあるかな。

あと18日、気を付けていないと。

第57回別府大分毎日マラソン


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。