第19回つのしま夕やけマラソン 2

2007/10/20 角島大橋神田側発・角島小学校着

今年は10月開催

ロードスターが先導
先導車は白いロードスター
青い海と青い空に合っているね、と思いながら走っていた・・・

例年、9月第1土曜に開催されてきた本大会、まだ夏のハイシーズン中で観光客(海水浴客)らに不便を強いてしまうとか、諸事情はあったのだろう、今年は1ヶ月半遅れで開催。9月開催はランナーにも暑すぎて危険だった(毎年、倒れる人が何人かいた)。昨年なんてバスで移動したスタート地点に日陰はなく、走る前からみんな、動物園のホッキョクグマよろしく、ぐったりしていた。

7週間違うと全然、違って走りやすいのだけれど、この時期はマラソンに向けての練習の真っ最中。申し込んだ時点では今年、マラソンを走るつもりはなかったものの、その後にスイッチが切り替わって今、目指している以上、唯一、走り込める貴重な週末の一日を10kmレースに費やすのは正直、惜しい。

僕が昨年、福岡国際で記録を出せたのも大好きなレース出場を極力、回避して練習に専念したから。昨年のこの日(10月第3周)はシティマラソン福岡が開催されていて僕も申し込んでいたのだけれど、「今はレースより練習」と思い直して欠場。夫婦二人分の参加費6千円超はふいになったけれど、そのくらい昨年は賭けていた。

そんな気持ちも抱えながら、今月から走り込みを初めて今、疲労の第一次ピーク。もちろん、10kmに対応できる身体でないながらも、「この大会だけは・・・」の思いがあって出場。

九州一周駅伝選手にも負けず

この大会が後ろにずれたのに対し、今年は九州一周駅伝が前倒しで大会前日の金曜にスタート。

例年、この大会に出場してくる選手も数名、そちらの方へ。昨年、僕が最後に突き放しかけた選手は今年、5千で14分台に突入し、チーム内でも主力選手になっている。

さすがに今回、出ていたら昨年のようにはゆかなかったと思うが、でも九州一周駅伝と重なったから1位になりやすかった、とも思わない。できれば、一緒に競いたかった。

4週前のシティマラソン福岡に出場した若い3人のメンバー全員には大差をつけて圧勝したし、暑いとかアップダウンがあるとか雪が降るとかの悪条件が加わると僕も簡単には負けないよ。

もちろん、県代表選手らの活躍と健闘を強く応援すると同時に、僕は彼らにも決して負けていない気持ちでこのレースを走ったし、頑張ろうと思っている。

昨年の苦い思い出も清算

それから、開催時期に加え、今年はコースも一部変更された。昨年、僕がトップを走っていながらコースミスを冒してしまった不始末。僕も憤然としたが、主催者の方らも非常に心を痛められたようで・・・。分かりにくい、走りにくかったのは僕だけではなかったと思うが、あの後、すぐに翌年のコース変更を決めたというお詫びも直々にいただいた。

今年もまだ気にかけられていて、声をかけられる。こちらの方が申し訳なくなるくらいに。

今回、すっきりと今度は文句なく1位でゴールでき、僕自身の気も晴れたし、主催者の方らの対応に報いることができた、昨年から残っていたかもしれない気まずい思いを払拭することができたのではないかと思う。

そういう意味でも出場して、結果を出せて良かったと思っている。


レースに出るとやはり、なにがしかの大きな収穫を得ることができる。今回も強いインパクトを残したことについてもう一編、次回に。


角島大橋

レクサスの走った道をプレリュードも走る、選手も走る。~角島大橋~


角島大橋とレクサスのことは・・・

最近、テレビや新聞でみる「山口」/迷える子羊のつぶやき



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。