第28回全日本マスターズ陸上

秋のイベント目白押し

先週の角島でいただいた薔薇
TVでも紹介されていたが品質高く有名らしい
農林水産大臣賞4回受賞

一昨日のエントリ関連で触れたように、今日(10月28日)は桑山中の文化祭で望東尼の上演、また、県立博物館の講座で桑山の史跡探訪。山口県民あるいは防府市民でさえ、望東尼(もとに)を知る人はそう多くないと思うけど、突然、クローズアップされて望東尼もあの世で驚いているんじゃないかな?

今日は市内の中学校でも文化祭、大相撲山口場所の開催、アパート近くの自衛隊は52周年記念式典のアトラクションで大賑わい・・・と、各地で行事が目白押し。

秋晴れにも恵まれて行楽、イベントに楽しまれたことでしょう。

マスターズに初登録

金曜から下関市で開催されていたのが全日本マスターズ陸上。

以下は「欠場記」。

今年は40歳になったこともあり、マラソンは一時、封印して各地レースの40代以上の部、壮年の部での短い距離に注力しようと考えていた(40歳、50歳・・・みんなキリのいい年齢にはハッスルするよね)。

山口での大会開催を春先に知って、ちょうど40歳の年にとはラッキー! と申し込んだ。40歳以上でなく35歳から出場できるというのは昨年、知ったばかりなのだけれど、初めてマスターズに登録してみた。

・・・が、今月初め、本当に突然に「やっぱりマラソン!」と気持ちが切り替わって出場は見送り。登録代+参加料、決して安くはない費用(=レースに5回出場できる金額)なのだけれど、あれもこれもやりたがる自分だけに、時には「捨てる」覚悟も持たないと。

マスターズって・・・

ただ、40歳といっても「マスターズ」という観念になじめないのも事実。男性35歳、女性は30歳かららしいけど、オリンピックでも充分な現役レベルと思う・・・。

5歳刻みの年齢区分で記録を競い合う、目標が持てるのは悪いことじゃないと思う一方、僕は「陸上」経験がないから余計にそう思う、そもそもが「陸上」は競技が細分化され過ぎているのに「その上に・・・」という気持ちが強い。

1000人~1万人でも一発で勝負できるマラソンや野球、バレー、サッカー・・・のような分かりやすさがないのが残念だね。今夏の世界陸上が盛り上がらなかったのは、そのあたりにも一因があるのでは。

「マスターズ」ときいて一般の人が想像するのは、60歳以上くらいなのでは。今の60歳の方はすごく若いし、70代、80代でも元気な方が多いし。

ともあれ、初登録、初出場でどんな顔ぶれが県内、全国にいるのかな? という期待は叶えられなかった、今後、僕も出るようになるかどうかはまだ分からないけど、今はいつかまたこの先・・・の楽しみにしておこう。



 

  Related Entries


 comment
  1. みっちー より:

    私もマスターズ登録してますよ。2年前の全国マスターズ(大阪開催)にも1500mで出場してます!!記録はたいしたことなかったですが…
    週末ジョガーだった私が2年半前に毎日のように走り始めたきっかけは実はマスターズへの参加がきっかけです。学生時代、陸上部の中長距離メンバーとして一緒に走っていた友人が、仕事で北九州にやってきました。その彼がマスターズ陸上で活躍していると話を聞き、(なんと短距離で活躍していましたが…)「じゃあ俺も!!」と言う事で再び走り始めました。ですから最初はトラックしかやるつもりはなかったですね。本城で走るうちにFUNRUNの皆さんと一緒に走るようになり、フルマラソンにチャレンジするようになりましたが、「楽しむトラックレース」として今後も福岡県の大会には参加しようと思ってます。
    私は来年40才なので羊さんと同じ土俵にあがります!!どこの県の大会にでも出場できますから、どこかでお会いするかもしれませんね。

  2. より:

    そうでしたか。
    みっちーもご覧になったと思います(朝日新聞)が、今大会MVP、101歳世界新の方も98歳だったか? で周囲からすすめられて・・・だそうですからね。
    山口の特集記事でも再び、陸上を始めるきっかけ、という方が掲載されていました。
    3ヶ月後は同じ土俵ですねー。
    どこかで、というより、多分、しばらくはマラソン、ロードレースでよく会うでしょうけれど、みっちーもM40になる今後はトラックでもひとつ、あいまみえるのも悪くないかもです。
    心の準備をしておかねば・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。