第33回職場の駅伝

2007/2/17 セミナーパーク周回コース
1区4.32km

雨天中止

前夜から豪雪だった一昨年の防府読売の例が示すように、駅伝やロードレース、マラソンが雨や雪くらいで普通、中止になることはないのだが、職場組合主催のローカルな大会ゆえ「残念ながら」の雨天中止となった。

この日の日経新聞コラム「春秋」でも触れられているが、一年で「この日に決まった天気」となる可能性の高い「特異日」なるもの(例えばこの日の東京が雪だとか)があるのだそう。この駅伝もここ数年こそ晴天が続いていたものの、以前は雨やらみぞれやら、というのが多かった。最初からそういう時期。

中止とはいざ知らず、会場に向けて車を走らせていた。中止連絡の予定時間にはまだ間があったし、何より中止はあり得ないと考えていたから前夜から携帯(メール)も見ていなかった。随分、早い中止決定だったようで、きいていたよりずっと早い時間の、家を出るかなり前にはもうメールがきていたようだった。どこで気付いたか、というと、車を15分くらい走らせたところ。ふと目をやると、走っているランナーがいる。たとえレースでなくてもランナーなら雨でも練習するものだよな、とうなずいていたら、よく見ると陸上部のK君であった。

「レース前に、軽く朝練?」「気合い入ってるね」。・・・でも、場所からして、彼の家からの距離を考えてもスタート前の時間的にも、今、雨の中を走るのは常識的には考えられれない・・・。「ひょっとして?」とようやく携帯を見て気付いた次第。

携帯にはもう一通、部のS君から「せっかくなので陸上部でトライアルしましょう」と入っていた。悪くない提案だったが、中止なら中止で僕は翌々週(びわ湖)に向けての走り込みにした方が賢明なので遠慮させてもらった。マラソンを走るなら、この駅伝もパスした方がいいくらいで。

朝、雨の中を走っていたK君の気持ちがよく分かる。トライアルを提案、決行したS君や他の部員も皆、同じだろう。ランナーにとって雨、雪なんていつものことで慣れっこだからね。陸上部メンバーの躍進の度合いがどれくらいか、は昨年まで以上に部員同士で興味津々だった。その都度、変わってくる順位は、競争があるからこその緊張感と各自の向上ゆえのもの。

陸上部の練習以上に、早い時期からこの駅伝に向けて練習に励んでいた職員、職場は少なくない。ローカルな職域駅伝とはいえ、盛り上がり度は異常(異様)。3日前、最後の水曜の競技場も陸上部員2名に対し、十人くらいが集まって練習している職場など、どっちが陸上部なのか、と思うほど。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。