第62回びわ湖毎日マラソン (10)

2007/03/04 大津市皇子山陸上競技場発着、草津市新浜折返し

大声援に感謝

日本三大マラソンにして最古のマラソン。でも、残る2つの東京、福岡に比べると地味な印象は否めない。主催、後援が毎日新聞&NHKのせいもあるだろう。実際、参加賞、記録証その他も極めて質素。

現地入りしても、前日の受付会場が大津駅からバスorタクシーで大津プリンスホテルまで、当日の皇子山競技場が西大津駅から徒歩orタクシーで、という点も不便に感じていた。他にも難点を挙げれば、未だに出場申込みに医師の健康証明書が必要で手間も金も余計にかけさせられるとか、スペシャルの受付が非常に早く、提出は朝9時半(スタート3時間前)迄。ユニフォーム(ナンバーカード)チェックの11時さえ早いと思えた僕は、ぎりぎりで会場に到着して済ませたくらい。これは「びわ湖」が、というより主催の陸連の運営が旧態依然というか、選手からすると窮屈な感じはどこまでもあった。スタート前まで、大会に対する印象はさえなかった。

けれども、競技場を2周して公道に出た瞬間に、そんな思いは一掃された。競技場外の細い道路にまでびっしりと観戦客が詰めていた。「さすがに国際マラソン」と身震いさせられた。

びわ湖沿線を走るコースは、並行する国道1号線をあえて使わない意図なのか、国際マラソンには似つかわしくないような、意外にローカルな雰囲気。ほとんどが片道一車線の細い道幅。時には車線さえない、車のすれ違うのがやっとくらいの通りまであって、でも、それゆえに応援が非常に身近に感じられる。細い道路の両側から挟み込むように熱烈な声援を浴びる。

この冬の暖冬を象徴するかのような、暑いくらいの陽気がうってつけの観戦日和だったせいもあるだろうが、僕のこれまで走ったマラソンの中でも、こんなに応援が嬉しかったことはない。単純な頭数だけなら東京マラソンに比べようもないし、他にも上回る大会は幾多もあろうけれど、いうならば、選手と応援の距離が近い、密着している。

一人一人の応援の熱烈ぶりが直に伝わってくる。マラソンにしろ駅伝にしろ、通常なら先頭を通過する有名な選手だけに応援は集中する。その他の一般選手は眼中にない・・・、顔も名前も知らない選手には関心もなく、腕組みをしたまま突っ立っている、というのが珍しくない、それが当然といえば当然。

来年も是非

でも招待選手、上位選手だけでなく、一般選手へも沿道の大声援は見ていてすごかった。僕はきこえない、せっかくの有り難い声援が耳に届かない身であるが、その分、「目で見える」状況には敏感である。サイレントな世界にいて、身を包み込んでくるような轟きが分かった。

滋賀には縁もゆかりもない一般参加の僕にも、折返し後の後半など、トップが通過してもうだいぶ経つ、通常の大会なら観戦者もぞろ帰路の道につく姿が嫌でも目に入ってくるところを、最後尾の選手にまで熱のこもった声援を投げてくれる。各地点でしっかりと選手を見つめて「ガンバレ」といってもらえているのが分かった。

終盤、集団から大きく外れ、たった一人で通過している状況でも十数人が一斉に小旗を振ってゲキを飛ばしてくれた。感動せずにいられなかった。残り1kmを切って最後、競技場手前で手を振る余裕が出たのは、わずか90人の完走者のために「まだ居てくれるのか」という驚きと嬉しさとが大きかったから。

地元(大津、草津)は無論、京都や大阪からも電車ですぐに来れる地理的な利点もあるのだろう、滋賀の、関西の人の情の深さ、厚さを感じることができた。完走できたのもこの応援のおかげである。熱い応援の感触が今も身体に残っているくらいだ。

応援してくれた滋賀の皆さん、近隣府県の皆さん、ありがとうございました!


----------------------------------------------------------

検索してみると、沿道で応援された地元の方が画像をアップしているブログ類が多いのでご紹介。

あの日、初夏なみの強い光と青空のもとでレースが行われた、選手が汗を流して走った表情や応援の様子がとてもよく分かる。例によって、既に10回に渡っている僕のこのページのように、文章ばかりが長々と続くのは読む側に敬遠されると思うが、やはり写真の表現力というのは強いね。

こうして、躍動感あふれるリアルな画像が、プロの手による新聞や雑誌でなく、今は沿道の市民、観戦者の手で簡単にブログで見ることができるのもいい。見知らぬ方のページでも、「そうそう、ここを走ったんだよ」、「この光景」って、いい記念になる。


 

  Related Entries


 comment
  1. biwahama より:

    はじめまして~マラソンのブログ紹介ありがとうございました。
    大津在住のbiwahamaです。
    毎年マラソンは見ていますよ。
    昨年は皇子山の方で観戦。
    でも瀬田川での沿道の方が なんか楽しいのです。
    沿道で応援する家族連れや 地元の皆さん
    熱い応援でしょう~。
    旗も何本も振り上げて 皆さん応援されています。
    見てて 熱いものを感じるからでしょうね。
    完走お疲れさまでした。
    また来年も是非! 頑張ってくださいね。

  2. biwasantori01 より:

    こんばんは。
    ブログの紹介(マラソン)どうもありがとうございました。
    今住んでいる場所の前の道路を走る関係で毎年見ています。
    今年は7km過ぎた辺りの給水所でした。
    いつ見てもランナーのひたむきな様子にひかれます。
    来年も頑張ってください。

  3. より:

    biwahamaさん、biwasatorin01さん、
    びわ湖へのもう一度の出場&完走という、また新しい目標ができました。
    来年も是非、のつもりで頑張ります。
    ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。