第37回防府読売マラソン

2006/12/17 防府市陸上競技場発着

10kmの部に初出場

フルマラソン翌週でも10km程度なら訳なくこなせるつもりでいた、これまではそうしてきたが、2週後でも走りはさえず。2週前に念願のサブ30を果たせたこと、長い間果たせずにいた自己ベストを更新できたことは、自分の肉体的にもこれまで使えずにいた深い部分をうまく使えたのだと思う。当然、初めての経験ゆえにダメージからの回復には時間がかかるはずで、また、この日のレースは、この冬一番の寒波で脚の感覚が尋常でなかった(これは皆に共通する)こととで、タイムもひどい。福岡1週前の練習で走ったものより40秒以上悪い上に、福岡の最初10kmの入りともさして変わらない。

それでも防府は出身地でもあるし今後も出続けたいと思う。地元ゆえの応援も嬉しい。今回、僕の名前入りの「ガンバレ」自家製ボードを作成してもらえた仲間もいてくれた。一生、忘れられない嬉しさである。

応援して感動

それだけでも充分、内容の濃い完走記ページになりそうなのだが、今回は自身の出場について以上に、何より、10kmレースが終わってからマラソンの応援に駆けつけて、感じられたこと、得たことが非常に大きい。

昨年のこの防府読売マラソンの完走記で僕は「走りながら感動」と述べた。今度は「応援して感動」である。

僕が立ったのは36km過ぎの地点。ここで僕はトップの里崎選手から最後尾ランナーまで、全ての選手の通過を見た。36km過ぎといったら説明の要もないが、過酷な地点である。とりあえずの目標とする30kmは過ぎたが、終わりが見えてくる40kmにはまだ遠い。既に充分、苦しんでいるところに「まだ残り6km以上もあるのかよ」と恨みたくなる、一番、気持ちが折れそうになる(既に折れている)箇所である。

それでも「まだ、ここから」。マラソンの真価が問われてくる場所である。分かっているからこそ、昨年の僕が応援に力づけられた、勇気付けられたように、走りながらともに闘っている選手を応援したいと思った。今年は僕も力の限り選手を応援してあげたかった。

走っている時、応援を受けて力をもらえることは度々であったが、応援の側に立っても力付けられる。勇気付けられる。マラソンを走っている選手の姿は、伝わってくるものが全然、違う。既に気力、体力を使い果たして打ちひしがれている選手、なお気迫がこもっている選手、笑顔を見せる余裕のある選手、皆、さまざまであるが、誰もの走りぶりに心を打たれた。

僕も昨年の完走記で記したように、あの経験は非常に得難いものであった。あのとき、走りきったことの満足感は大きい。あれを経験しておいたからこそ、あのとき感じるものが大きかったからこそ、今回の福岡での記録に結び付いたと思っている。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。