第32回職場の駅伝

2006/2/18 セミナーパーク周回コース
1区4.32km

躍進

例によって異常に盛り上がる職場の駅伝大会。今年は特に12月にM君が異動でやって来てくれて、俄然、大会に向けて熱のこもった我が課。何しろ、こんな言い方は不遜だが、県庁陸上部の(今に限っていうと)ナンバー1、2が揃ったのだから。ただ、我が課にとって幸運だったことも、抜けられた方と彼には不運であったかも。彼抜きでも今年、2位のG課は、それがなければ2年連続の優勝を圧勝で飾っていたろうし、彼も移動先が我が課でなければ確実に1区で僕を脅かしたろう。

ともかく、彼の加入で、所詮、井の中の蛙の争いである職場の駅伝と承知しつつも、僕もこれまでになくやる気が入った。いくら陸上部が2人いるからといって、一定程度の選手を5人揃えないと上位入賞は難しい。「T課も最後は○位くらいに落ちるだろう」などという下馬評もあったから、余計に奮起した。それで、僕とM君とでかわした、期した目標は──

  1. 最終5区まで首位をキープして夢をつなげたい
  2. そのために、1区、2区の僕ら2人で2位以下に1分以上の貯金をつくる
  3. 3~5区選手にがんばってもらって目指すは3位入賞
3位表彰
部長表彰

というもの。2人とて簡単に区間首位をとれるものでないし、ましてや5km、3kmにも満たない短い区間で、それぞれが30秒もの差を付けるのは至難に近い。5区まで首位キープ、も夢に近いと思っていた。けれども、終わってみれば全ての目標を達成。陸上部の僕ら2人は当然とはいえ、3~5区選手の頑張りは予想以上のものであった。最終5区でかわされたとはいえ、昨年17位から3位(史上初)の飛躍ぶりが際立つ。駅伝の醍醐味、面白さを味わうことができた。

だいぶ話は違う方に振れるが、応援してもらう中で、僕と同障の友人、Sさんのことについて──。Sさんは仕事の傍ら、障害者団体の運営、運動に熱心に取り組んでいる。いつも頑張っている姿が大いに尊敬させられる。今回のような大会では逆に僕の頑張る姿を見てもらう番。

ちょうど職場が会場前道路を隔てたところ。この土日、同じく聴覚障害者情報センターで、Sさんの活動している字幕サークルの研修会が行われることになっていた。それでSさんが僕に渡してくれるものもあったから「昼迄の仕事を終えて、僕の走る様子を見てから研修に行く・・・」という約束をしていた。

サヨナラ?
プレリュードその1

Sさんは選んだ仕事が示すように、非常に情の厚い人である。人の応援の大好きな人である。自チームだったら(頼まなくても)ハチマキをつくって応援の旗を振りかざすような人である。またSさんは時間に遅れることの絶対にない人である。それはSさんの障害の事情によるものだが、決められた時間には必ず30分前、1時間前には着く心がけを当然のように実践している人である。

ところが・・・。大会が終わってからセンターで会ってみたら「場所を間違えて見れなかった」という。道路一本隔てただけの職場の真ん前が会場の、どうやったら場所を間違えるのだろう・・・と絶句したが、でも、これもSさんらしい。確かに独特の場所なので、普通には道路を走ると思っていたらしい。

Sさんには「また来年(があるなら)」を信じてもらうことにした。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。