第31回職場の駅伝

2005/02/19 セミナーパーク周回コース
1区4.32km

またまたまたまた貧血

雪の一の坂川と五重塔
雪の一の坂川(奥が瑠璃光寺五重塔)

デフリンピック帰国後の中国山口駅伝、別大、そして先週の山口市民ロードレースとエントリーしていたレースを3週続けて欠場した。何度も繰り返すことが情けなくて完走記(欠場記)では触れなかったが、貧血による体調悪化。マラソン前、既にやばいなと感じていた、その状態で40度超となった南半球のマラソンを走ったものだから決定的に悪化した。帰国後の検査では、去年はおろか防府を見送った2年前よりも悪い状態。

ちなみに、昨日のニュースによると、ドーピング摘発の検査で、距離スキーの恩田祐一選手が規定以上のヘモグロビン数値を示し、5日間の停止処分を受けたということである。その数値、実に17g/dl。今回の僕は11g/dl(普段は13~14がやっと)。今回が初めてでない恩田選手は体質的にヘモグロビン値が高いらしい。そうでないと持久力競技のエースにはなれないだろうと確かに納得できるのだが、何とも羨ましい体質。

スキー距離の恩田が5日間出場停止 (日刊スポーツ)


何とか頑張れたのは、梅本君のおかげ。春に周南市から県に出向しているのを知った時から「今年の職場の駅伝は梅本君との争いになるだろうな、手強いなあ」と思っていた。僕はしばらくは調子良かったものの、悲しいかな、この世界、一寸先は闇。調子の維持は難しく、良かった調子は必ず落ちる。そして、落ちるときはあっという間に転げ落ちる。せっかくのいい勝負の場が、彼にも申し訳ないなと思っていたが、結果的に何とか間に合って、形になって良かった。途中、何度か抜きつ抜かれつ、彼のおかげで最後まで力走できた。

ところで、今年は部内各課チームの奮起を促すため部長賞なるものが部内で設けられた。部長賞は文句なしの総合1位となったS課。我が課は部長からの当日賞を嬉しく獲得。新戦力の加入で陸上部も活気づき、中国山口駅伝に向けて、チームで練習し、競い合えたことで部員の活躍もたくさん。まだまだみんな、さらに伸びるだろう。僕もがんばりたいものだ。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。