第13回鱒渕マラソン

2004/11/07 鱒渕貯水池周回コース

各地でレース

11月、シーズン本番。この日は出場する大会に大いに迷った。津和野SL健康マラソンと、旭グリーンアドベンチャーマラソン(旭GAM)のどちらにすべきか。今年3月の完走記にも述べたとおり、津和野は僕が1年で一番、楽しみにしているといっていいくらいの大会。例年なら3月末に開催されるが、来年、町が合併するため前倒しして開催されるのだという。ただ、今年はここ2年、足を遠ざけていた旭GAMに出場したい気持ちが高まっていた。レース後の散策、文化芸術的側面なら絶対に津和野だが、参加賞や入賞賞品、レース後の猪汁のおいしさという、色気より食い気側面なら文句なしに旭GAM。まさに苦渋の選択。同日開催がうらめしい。もったいない。

直前まで決めかねていたところに、三転して出場を決めたのがこの大会。夕やけマラソンのページで述べたEさんとその後、メールできるようになったのだが、そのEさんが出場すると知って、猿真似のように僕も急きょ、申し込んだ。

フルの部、スタート
鱒渕ダム管理事務所前をスタート

Eさんから、「このレースを練習にするなら、(1)レースペースで30km迄走るか、(2)(1)よりやや遅いペースで40kmを走り抜くかのどちらかで」とのアドバイスを受ける。「どっちも難しいなあ」と最初、思う。何分、フルのレースを練習にする、という考えがこれまでの僕にはない。フルは一年に一本(多くて二本)で充分と考えていた。狙いの大会に向けて気持ちを高めて、一発! ゴールと同時に玉粋! というのがこれまでの僕のパターンである(その意味でも一年を締めくくれる防府読売はうってつけ)。

フルを走った後、身体に残るダメージも分かっているし、フルは走ってみてのお楽しみ的要素が強いから、「練習で」走るというのが恐かった。それでも、このレースはダム湖を4周回するコースだから、30km走のつもりなら3周でやめることもできる。その気楽さがいいから、とりあえず行けるところまでと思ってEさんについていってみる。

最初、5kmは10人くらいが先頭集団をつくっていたが、7km過ぎでEさんとS君(の2人を残して、僕を含めた後の選手が遅れ始める。「わざわざ新幹線で来て、10kmも持たないか・・・」とふがいなくて、何とか13kmで2人に追いつく。その後は、レースペースどころではない、僕には全力の30km走となったが、何とかくらいついていった。

2周→3周目へ

ランニングクラブ主催のいい大会

隣県、北九州市で開催されているのに、この大会のことを僕は全く知らずにいた。非常に大きなダム(貯水池)で、中国の幽玄的な光景のようなのだが、この「鱒渕(ますぶち)」なる名前が最初、読めずに、今なお僕は、「わにぶち(鰐淵)」と読み誤ってしまう(マスが棲んでいるのは似合いそうだが、ワニがいるとちょっと恐い・・・)。それはともかく、非常にいいコース、いい大会だなと思った。晴れ、無風というこの日のコンディション(きっと各地の大会もそうだったろう)にも助けられて、周囲もベストやそれに近いタイムの人が多かったようだ。コースもほぼフラットで、半分は涼しい木陰の中を走ることができる。多過ぎた台風と、11月に入ってなお暖かい日の続く天候のせいか、まだ今ひとつだったかも知れぬが、少し色づいた紅葉も良かった。走路はサイクリングコースを兼ねているようだったし、少年自然の家ではキャンプが実施されていた。軽ハイクをされている方も居て、「楽しく自然を走ろう!」のとおりに楽しめるコースだった。

鰐淵ダム
静かで大きな湖面

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。