平成16年度山口県体育大会

2004/10/24 下関市陸上競技場

市代表

初出場。春先に開催される記録会のように、ごく軽い気持ちで5000mの部に申し込んだつもりだったが、後日、山口市陸協から送付された会長名の通知文に驚く。「山口市代表選手を選考した結果、貴殿に出場願うことに決定した・・・」とある。「山口市代表」・・・。「選考の結果」・・・(汗;)。確かに「国体」が都道府県で順位を競うように、「県体」は市町村別に順位を競うものなのだ。この大会の何たるかを全く理解していなかった。そこまで頭が回らなかった。本当に選考の結果、選ばれたのだとしたら、申し訳ない。

結果の方、この時期の朝イチのレースとしてはよく身体が動いてくれた。先週の駅伝を走ったことがいい刺激になってくれたようだ。何より、昨年一昨年、この時期に貧血沼の淵に脚をとられて途端に走れなくなったことを思うと、「今、走れる」というだけで嬉しい。いわゆる月間走行距離が300~400kmの僕は、走り込みを始める秋口の、400kmを超えるあたりからどうも貧血になってしまうようで、今年は薄氷を踏むような慎重さでいる。

この季節、野球、バレー、テニスその他、あらゆる競技種目で「県体」が開催されている。この日もまさに「体育大会」にふさわしい、好天の一日となった。県内とはいえ、下関はあまり訪れることがない地だ。普段、山に囲まれた県央の山口で暮らし、県外はおろか県内出張も全くない、息の詰まるような日々を送っている自分には、こうして県内の都市にちょっと出かけるだけで新鮮である。気持ちが晴れる。下関の海峡の眺めの美しさ、潮の香りと心地よい風にすがすがしさを感じて、大きく深呼吸した。

関門橋
関門橋

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。