第30回職場の駅伝

2004/02/21 セミナーパーク周回コース
1区4.32km

他に類のない大会

30回記念・この日は風も強く
30回記念・この日は風も強く

異様に盛り上がる大会。僕自身はこの4年、本格的に走るようになってから、防府読売、別大、中国山口駅伝、全日本実業団ハーフ・・・といったレベルの高い大会に出場するようになったが、それでも、これほど盛り上がる大会は他に知らない。

この時期、昼休みの県庁周辺はにわかジョガーも含めて「毎日がマラソン大会」なこれも異様な光景。わずか、1~3kmの距離でもラップを計り、練習とはいえ、抜かれたら抜き返し・・・、老若男女を問わず、練習の時から皆、真剣そのもの。試走や週に1度の定期的な全体練習を繰り返すチームも。

この日は最高気温が20度まで上がるほどの陽気。ここ2年は3月下旬から4月にかけて好記録が出始め、夏過ぎまで好調を維持してきた(そして秋以降に沈んでいった)、そんな具合に暖かくなると僕は調子が良くなるようであることが分かってきたから、この日の陽気は願ってもないコンディション。

暖かいと快調
暖かいと快調

今月は別大を走って翌日からすぐに東京に1週間、先週は福岡に3日間、と移動の続く忙しさ。練習はできていなかったが、おかげでいい休養で、昨年にぴったり同タイムの13分51秒。5千、1万、ハーフ、フル・・・と全種目で自己ベストを出した奇跡のような一昨年の、その勢いで走れた結果の13分台はもう二度とないだろうと思っていたから意外だった。しかも、前方の1位を追う形で引っ張られた昨年と異なり、今年は独走でのこのタイムだから喜びもひとしお。とすると、余計に、同じ時期に同タイムが出せるのに、どうして別大で結果が出せなかったのか・・・。

会場で選手の足元を注意して見ると、ニューモデルの新調シューズを履く人がたくさんいて意気込みが伝わってくる(そうでなくては!)。それで今年、びっくりしたのが、ピンの付いているトラック用のスパイクシューズを履いている人も何人かいたこと。確かに、このクロカンコースはゴルフ場のように全面、芝に覆われていて、通常のシューズでは路面をグリップする力がないから走りにくい。「なるほど~」と、この会場になって8年目、ずっと走っていながらこれまで、スパイクで走るという発想のなかった僕は感心させられた。同時に、「どうしてスパイク持ってるの?」と思うような、普段、走っているとは思えない人が好タイムだったりすると、僕も来年(があるなら)、考えてみようかと思った。

トラックを走るのに必ずしもスパイクが必要なわけでもなく、年間に1、2回、使う機会があるかないかの、その上、高価なスパイクはおいそれと買おうという気になれない。「そこまでするか!」といわせそうな、この大会の尋常ならざる度合が分かってもらえようと思う(笑)。

陸上部にとっても、普段はタスキをつなぐ者同士がこの日はチームを異にしてライバルな立場。でも、普段は運営や役員の側に回ることが多くて、部員みんなが一選手として走る機会というのもそうないことで、とびきり明るいイエローユニフォームが広がる青空のもとでとてもよく映えて、「やっぱり、幸せないいウェアだね」と思わせた好天の一日だった。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。