第29回職場の駅伝

2003/02/15 セミナーパーク周回コース

10年連続10回目

十年一昔というけれども、よく続けてこれたものだなと思う。駅伝の場合、昨年もそうだったけれど、体調が悪かろうが何だろうが簡単には欠場できないから、こうして律儀に続いてしまう。ちょっと惜しく思えるのが、ずっと1区を走っている中、5年目だけ2区に回ったこと。この年、重度の貧血だったため。大会自体は来年で30回になるはずだが、一足早く、僕には今年が節目となる大会になった。

10年目、そして今年は年男。ここは大いに奮起せねば──。

コンディションは良好

マラソンを走るとその後に体調を崩しやすい。マラソン用にピークに達していた緊張感や疲労が一気に出てしまう。昨年は運悪く、この大会前日午後に突然悪寒が走った。今年は、別大後、5日目に襲われる。これがちょうど良かった。体調を崩すことが分かっているなら早いに越したことはない。

おかげでコンディションは非常にいい。4日前の市民ロードレースでも別大後の疲れを感じず好調さが維持できていた。さらにマラソン後、突然襲ってくる脚の痛みもなぜだか今回はない。恐いくらいだ。今回のレースほど、当日を迎えるのを楽しみにしたことはない。走れる喜びに胸が高鳴った。レースを楽しみにわくわくするなんて久しぶりのことだった。

スタート前
スタート前

この体調なら──、今年こそ1区で1位をとってみたい。9年間、ずっと一桁順位でこれた。2位、3位入賞というのもあった。今年は必ず取れるという自信があった。けれども── 今回また・・・。昨年に続けて再びの2位。7年前を合わせて実に3度目の2位。スタート直後に飛び出した選手がそのまま1位でゴールした。「誰?」 僕は知らなかった。バルセロナオリンピックの平泳ぎ200mで岩崎恭子がまさかの優勝を果たした時、

スタート後、トラックを2周
スタート後、トラックを2周

“Iwasaki? Who?” と周囲が驚いたように。

でも今回違うのは、単に僕が知らなかっただけのこと。実力の差は歴然だった。組合の実施する駅伝大会、陸上部のみならず、走ることの好きな職員はほとんど知り尽くしているつもりが、でも、瞬間風速的に現れる、力の飛びぬけた選手がこうして時にいる。臨時職員、嘱託職員等で一時的に所属する彼ら。実は7年前の2位もそう。初出場から3年目、陸上部にもまだ所属していなかったとき。あのときもスタート直後に飛び出した1位の背中を見て、一気に力が萎えた。「なんで彼がここにいるんだ?」と。

もちろん、一時的な所属とはいえ参加資格のあることは承知している。僕の方にどうこう言えるスジはない。それは重々分かっていて、なお、ぼやきたくなる──何も僕の調子がいい時をねらって出てこなくったって・・・。

トラック前の坂
1周回目で差

自信のあったとおり、今年のタイムはいい。13分51秒。この大会が今のセミナーパーク周回コースに変更された6年前、初めて走ったときに比べて1分42秒、年々短縮して過去最高だった昨年よりもさらに53秒短縮した。現行コースになってから過去6年間、例年1位のタイムは14分30秒前後。区間記録は一昨年、2001年に宮崎君の出した14分23秒。今年1位の彼と僕が初めて13分台に突入。自分でもまさか、ここまでいいタイムだとは思わなかった。「クロカン芝コースでのこのタイムは相当なもんだ」と自分でも驚いている。

それでも、2位・・・

後日譚

1位の彼が誰だったのか、結果一覧の名前を見て初めて知った。昨年から方々の大会で活躍している、県下でも名の知れた選手。でも下関で生活していると思っていたのに、いつの間に所属も変っていたのか・・・。

彼を擁したチームはオープン参加ということで、1区の区間賞が転がり込んできた。悔しさが消える訳ではないが、素直にありがたくいただいた。過去9年の1区1位は順に山家、佐伯、内田、山田、河本、山内、河本、宮崎、古林(敬称略)。もちろん皆、陸上部。これで僕も目標としてきた陸上部メンバーにの列に加われた。

さらに後日譚──

結局、1位の彼は出場資格さえなかったことが判明(最初から分かっている人は分かってたみたいだが・・・)。7年前と合わせて僕にはこれで、本来ならすっきり1位のはずが、の釈然としない2位が2回・・・。運がないのか試練なのか。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。