第29回山口県実業団対抗陸上競技大会

2002/04/21 下関市営陸上競技場

初出場、自己新

県実業団対抗という、レベルの高いこの大会へは初出場。

ビリになることは覚悟していたし、ビリでも出ることに意義がある、と最近は厚かましくもなっている。この頃、体調がよく、当然、自己ベストを出せると自信をもって臨んでみる。

5人の出場した30歳台の部で出場。スタート後のペースが遅いので、「ならば遠慮せずに」と、これまた厚かましくもすぐに先頭に出る。「いつ抜いてくれてもOK」のつもりだったのに、意外や、ずっとトップを維持してしまう。

1位になるなど考えもしなかったから、後続との距離がどの程度なのか、確認しようとも思わなかった。さすがに、甘くはなく残り80mで抜かれてしまい、懸命にスパートをかけたが、1位と0秒23差の2位に終わる。

しかし、やはり、あそこまでいったならば最後は勝たないといけない。足音も息づかいもきこえない身なのだから、「後ろを振り返っておけば…」と悔やまれる。一般の部でなら、やはり、ビリに近いタイムなのだが、それでも自己ベストを16秒更新でき、好調さが裏付けられたのは素直に嬉しい。

前日から降り続く雨の中、走路の水たまりを避けながらの走りにくさもあったが、大雨でなかったのが幸いした。

3:00-6:14(3:14)-9:36(3:22)-12:59(3:23)-16:16(3:17)

火の山公園より
火の山公園より

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。