第11回十種ヶ峰登山マラソン

きついんだけど・・・

レースの方は、昨年とほぼ同じタイム。まずまずだろうか。 それよりも、5.45kmの部とはいえ、標高差440mあるコースを彼女がよく走った(登った)ものだ(案の定、ものすごい筋肉痛に襲われ、しばらくは走れなかったが)。

いつもながら、山頂にたどりついて、受ける涼しい風に打たれる瞬間がいい。もう秋がやってきていることを感じる。

下山途中にランナーの方と話した。

十種ヶ峰登山マラソン第3給水所前
第3給水所前

世にランニング大会は数多くあれど、この十種ヶ峰登山マラソンは、コース設定、ホスピタリティ、季節感、朝早いスタート・・・、とオリジナリティの強烈な大会だ。

「きついんだけど、毎年出たくなる」

「また、走りたくなる」

「8月最後の日曜日は、絶対これ」

「そうそう」

たぶん、他の参加者もそうだろう。いわゆる固定ファンの多い大会。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。