第19回門司港レトロマラソン

2001/11/24 北九州市西海岸門司港ホテル前発着

慌ただしい3連休の中で

国際友好記念図書館
国際友好記念図書館

10月のもみのき森林公園ファミリーマラソン以来、レース予定のなかった妻のために初出場を決めた大会。

この3連休は、まず最初の2日間、大阪で徹夜に近い中央委員会議。それを終えて戻ってすぐに、防府の裸坊祭を見に行く。妻はもちろん初めて見る裸坊、僕自身も久しぶりに見た。それを見たあと実家に戻って、家族で夕食をともにしたからアパートに戻るのも夜遅くなる。

そうしたあわただしいスケジュールによる睡眠不足と移動の疲れを勘案すれば、まずまずの走り。

コースは、関門橋の下を抜ける前後に少し坂があるのと海峡からの横風とで、中盤がかなりきつい。よくできているのは、最後、門司港レトロ地区を抜けるようになっている点。当日、お祭りのような別の行事も開催されていて、その観光客が応援になってもらえる中を気持ちよくゴールできる。

舟の行き来のために跳ね上がる橋(跳ね橋=ブルーウイング門司)を最後に渡ってゴールできるのも快感だ。

今回は、自分のタイムよりも、初の10kmレースを55分台という予想以上の好タイムで走った妻に驚かされた。

17:08-34:53(17:45)



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。