第10回浜村杯秋穂ロードレース

防府に向けて好調

昨年の同大会の記録を大幅に短縮することとなる、1:11:28で快走することができた。

昨年と違い、臆せず前半からピッチをあげてみる。トップ集団が視野から離れるまでにしばらくかかったのも昨年と違うところだ。10kmを35:18と相当なハイペースだったから、後半10kmが36:10と約1分ものペースダウンとなったのも今の力であれば当然の帰結だろうか。

この頃、走法を自分なりに変えようとしている。スピードを保ちつつ、いかにして長い距離をも走り抜くことができるかどうか。今日も後半はイメージするフォームとは崩れてしまったが、これをどう抑えるかが今後の課題だろうか。

先々週の旭GAMと今回と、続けての好記録に防府読売でのタイム更新にも期待が持てそう。

神戸夜景

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。