第21回篠山ABCマラソン

2001/03/04 篠山城跡発着

3度目の出場~夜行バス旅行

3度目の出場。翌週に全日本実業団ハーフマラソンへの出場を申し込んでいるし、4月には憧れのボストン・マラソンをも控えている。

2、3、4月と3ヶ月連続のフルマラソンを走ることとなると、さすがに身体にもダメージを残しそうだ。実業団ハーフを、そして初の海外レースとなるボストン・マラソンをベストな体調で臨みたいなら、この篠山への出場はやめておくのが賢明なところだ。でも、「せっかく申し込んだのだから」、「不参加はもったいない」と強行出場する。どうもこのあたり、自分の身体を大事にするよりも、少々の無理を押してしまう性格なのは変えられない。

でもまあ、この篠山は走ることそのものというより、大阪までの夜行バスで行ける車中2泊の旅程が楽しいのだ。「ふらっと出かけて、マラソンを走ってくる」。その気軽さがいい。

映画と読書

マラソンを終えて、梅田で『ハート・オブ・ウーマン』を見る。純粋に娯楽作品として楽しめる、なかなか面白い出来だった。夜行バスの出発する23時まで時間があるから、いつも、大阪の帰りには誰かと来れば飲めるし、一人できても映画を観るか何かして、ゆっくりと過ごせる。映画や本というのは、旅先で観たり読んだりする方が、心に残るものだ。去年の5月に観た『アンナと王様』もたっぷり3時間超、堪能できたし、ここで観た映画は少なくない。これも僕が篠山マラソンを好きな理由の一つ。

映画を観てもなお、出発までに時間があるから、ファースト・キッチンの2Fでぼおっとしていられる。こうしてメモも残せる。マラソンを走り終えた後のこの、ゆっくりとした時間の心地よさがいい。

今回持参して読んだ本(雑誌)は『Forbes』。ちょうど先週、職場の研修で「自己開発セミナー」を受けて大いに感銘したばかりということもあって、仕事に対する姿勢、意欲が急に高まる。初めて手にしてみたこのビジネス誌を読むと、世のビジネスマンが必死で勉強している時間を確保していることに大きな刺激を受ける。今の僕とは大きな差というか、世界が違うような気もするが、とにかく刺激を受けたことは確かだ。

例えば今、自分が読みたい本は無数にある。部屋にも積読のまま数十冊、百冊が埋もれている。もう少し、読むべき(買うべき)ジャンルを限定して、時間を設定して読むべきと思う。力を注ぐべき一点に集中せねばと思う。

一応、レースのことも

レースは、中盤まで抑えて走る。過去に走った2度はいずれもかなり冷え込んだのだが、今日はそうでもない。5km過ぎまではスタート前に配布してもらったポリ袋コートを着て走る(さすがに暑かった)。

篠山ABCマラソン30km
30km地点あたり

無理をするつもりはないし、練習の延長の気持ちで走っていたのだが、それでも一応、3時間は切りたいと思っていた。中間点で1時間30分に迫っていたから、さすがに後半は少し力が入ってしまった。昨年ほどは脚の痛みもない。余裕で走り切れたというのも、力がついてきている証拠と思いたい。



 5k:   21:25     
10k:   42:18(20:53)
15k: 1:02:42(20:24)
20k: 1:23:39(20:56)
25k: 1:44:31(20:51)
30k: 2:05:46(21:15)
35k: 2:26:12(20:25)
40k: 2:46:49(20:37)
FIN: 2:55:40(8:51)



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。