同窓会~ラブアゲイン症候群~

前、第3話の放映日にチャンネルを替えた時は5秒くらいしか滞在できなかったのだけれど、あれから何だか不評なのか人気なのかよく分からないままちょっと話題になっているようなので今日はガマンしつつ一話、見てみた。

先月末日(5/31)の日経新聞コラム春秋に朝一番、少々、面食らったのは斉藤由貴の「卒業」が突然に持ち出されていたから。首相に向けて「守れない約束ならしない方がいい」という、要はそのためだけに25年前の歌を一面に引くなんて大新聞のコラム子にして随分と若いなぁ、と。まあでも同い年の斉藤由貴とちょうど高校卒業時のヒット曲だっただけに懐かしい気持ちになったのは確か。

斉藤由貴も相応に年をとっているようで安心(?)しました。

45歳という設定には主役4人の年齢が離れ過ぎという指摘もあるようで、確かに。斉藤由貴(43歳)に合わせて鈴木保奈美か安田成美といったあたりならだいぶ違いそう。ただ、この学年は「丙午(ひのえうま)」だけに女はとても強く豊作に揃っている分、男が今いち・・・かも。

同窓会 DVD-BOX


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。