ビッグ・フィッシュ

人生はお伽話

ビッグ・フィッシュ

僕たちの人生は、映画ほどにドラマチックじゃない。ある意味、平凡で退屈な日常の連続である。だから、ロマンを求めて映画館に通う。『バットマン』、『シザー・ハンズ』で知られる、ファンタスティックで独特な感性をもつティム・バートン監督の新作は、そんな僕らの思いを心ゆくまでかなえてくれる。

子どもの頃に読んだ、読んできかされたお伽話は、次のページが待ち遠しく、期待にワクワクした。この映画も、そのお伽話の世界に浸ることができる。現実にはあるはずもない、嘘で塗り固められた虚構の世界、荒唐無稽なホラ話とは考えない、現実とフィクションとを区別しようとは思わなかった、子どもの頃に帰ることができる。

例えば、旅の途中、森の中で迷い込んだスペクターなる幻の町は、日本でいう竜宮城であろうし、それから、巨人、サーカス、魔女、といった存在も然り。これらはどれも、物語の中の世界である。謎めいている。子ども心にも何かいかがわしく感じられるけれど、否定できない。

そしてまた、現実にあっていい話、僕らも願わくば、そうありたいストーリー。これも例えば、主人公エドワードが運命の女性サンドラに出会って求婚に至るまでのストーリー。一年に一つだけ、彼女のことを教えてもらう条件でただ働きを続けたエドワードが、ようやく彼女の元を訪れたときは時遅く、既に婚約済であった。それでもあきらめずに、講義中のスライドに、また、青空に飛行機雲の彼女への愛のメッセージを送る。極めつけは、水仙の好きな彼女のために、「5つの州の花屋から取り寄せて」つくった1万本の水仙畑。相手の女性が「バラが好き」だからといって、「5つの県の花屋から取り寄せ」るほどのバラを送る男性は、まず、いないと思うし、そうされた女性だって、不気味なだけである。でも、僕らは映画にそうしたヒーローを、ヒロインを求めている。せめて映画の中では夢見させてほしい内容をかなえてくれて、幸せな気分にさせてくれる。

よく「夢見る頃を過ぎても」という。エドワードは夢を見たまま、夢の中に死んで永遠になった。人生、こんな風に生きることができたらいいな、と思わせる。そして、それは勇気を出せばできるはずだと気付かせてくれる。僕達はもっと、自分の物語をつくるべきだと教えてくれる。素晴らしきかな、人生! と感動させてくれる映画である。


満足度:★★★★★
2004/05/29 ワーナー・マイカル・シネマズ防府にて鑑賞


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。