バベル

退屈、難解?

バベル

特に絶対、見たいと思っていたわけではないが、GW幕開けの公開初日、夕方の上映にふと思い立って出かけてみた。

連休に公開を合わせた評判作だが、娯楽映画ではない。単純に楽しめる部類の作品ではない。舞台はアメリカ、モロッコ、メキシコ、日本。特にモロッコ、メキシコのシーンが、この映画全体を覆っている、砂漠的な、乾いた印象を植え付けるのには成功している。

「一体、何なんだろう」と謎を与えている。何を意図しようとしているのか、難しい映画だ。少なくとも、僕が普通、映画に求めたいカタルシスはない。上映時間も長く、退屈とさえ感じる。

罪と罰?

愉しいと思ってもらえなくて結構、何を思うかは観客の自由、なのが監督の思いだろうが、強引に僕が見つけるなら「この世の不条理さ」を訴えたかったのか?

モロッコの男の子と、メキシコ人の乳母と、日本の聾の女子高生と。罪のない人間が罰せられようとしている。罪のない人間が悩み苦しむ世の中。

あるいは夫婦でも兄弟でも家族以上の間柄でも、埋められない心の壁? バリア? を描きたかったのか・・・。だとしても浅く薄いつくりのように思う。

アカデミー賞各部門でノミネートされ、前評判も非常に高い。でも、話題になるほどのものかな? というのが個人的な感想。

聾、という意味では僕も同じで、女優が「聾者」役を演じるのは、撮影が終われば済むけど、終わりのない僕には永遠にアカデミーな日々。

菊地凛子の・・・

日本で話題を呼んだのは菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネート。頑張ったという手話演技について、僕が評する資格はないが、日本語シーンにも字幕が付いたことは運動の成果で感謝できる一方で、手話自体は騒がれたほどのものでもなかったような。

あの演技、手話では・・・と逆に「受賞抗議・落選」活動が聾者からも起こったことや、彼女が映画の役作りとして「手話」を使うという、所詮的な意識と、それだけのことで自分のプロフィールの「特技」として手話をあげる鈍感さに批判が大きかったのも充分、うなずける。

裸になって露出したり、相手の手を自分の「××」に誘引すると男なら即、犯罪だが、女子高生ならまだ映画で許される。その他にも姉弟の、夫婦の変な性的(性癖)なシーンもあって、かつ、それがまた何を意図しているのか僕には理解できず。PG12は緩いような・・・。若い子はR18でも見たいだろうけど、聾学校高等部生、高校生にはもっと正当な青春映画を観てほしい。老婆(爺)心ながら。

普通にストレートに楽しめるはずの「スパイダーマン3」と「パイレーツ・オブ・カリビアン」に期待している。

満足度:★★
2006年メキシコ
2007/04/28 ワーナーマイカルシネマズ・防府にて鑑賞


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。