君ならできる

小出 義雄(2000年刊 幻冬社)

2002.11.9読了 11.16メモ

幻冬舎

高橋尚子の大学時代を指導した山内武氏による『努力の天才』があまりに期待はずれだったため、失望感を埋め合わせたくて買ってみたもの。本書はシドニー・オリンピック直前に書き上げられたことで話題になっていた本である。小出監督には他にも『マラソンでたらめ理論』等の著作があって、いずれも書店でざっと立ち読みし終えてしまえる内容なのだが、とりあえずこれは買って帰って一気に読み上げた。

小出監督とQちゃんの師弟関係にまつわるエピソードについては、今ではあまりにも有名過ぎて、自然と知られてくる(何より小出監督自身がスポンサーとして本人以上に代弁してくれるせいもあり)のだが、小出監督の指導論、精神論という意味ではあらためて読ませる内容となっている。

満足度:★★


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。