WindowsMeまだまだ

WindowsMeほとほと

Meマシンからネット接続できなくなって、この2週間以上、原因究明を試みるもうまくゆかなかった。困り果てていた。XP以前の、3.1→95→98→Meでは、マシンそもそもの性能が不安定だったから、悩むことはよくあることだったけれど、20年近くパソコンを見ていても、こんなにつぶさに調べ上げても分からず、こんなに時間をかけて解決しなかったのは初めて。

LAN設定は問題なくできているのに、ネットだけつながらず。3台目のMeマシンがつながるのだから、必ず原因はあるはず、と、この間、プロトコルとかICPとか、PINGやらバインドやら・・・といったネットワークの基礎知識を再学習することに(結果的には役立たず)。ひとつずつ潰してゆく中で、残ったのはDNSかプロキシあたりが怪しそう。でも、多分、ウィルスソフトのせいで、これはお手上げ。

IEの削除&再インストールも、一応、やってみた。でも、周知のようにIEは他のソフトと違って、OSに組み込まれているソフトで、ここがマイクロソフトの狡いというか当然の戦略というか、で、特別なソフトでないとできないし、完全でもない。IEを削除するのはWindowsそのものにも影響が出る。

再インストールで解消

で、仕方なくOSを再インストール。再インストールしたからといってうまくゆく保証もない、Meの再インストールは必ずおちる、とかいうから躊躇していたのだが、やってみると瞬間。勉強させられた分、LAN構築もネット接続も今度はいとも簡単に完了。悩み続けていた時間は何だったの?  何十分の一の時間で済んだ。

元々、データや重要プログラムはDドライブ、Eドライブ保存していたから、再設定はほとんど手間取らず。Windowsアップデートは時間かけて入れ直し。IEは5からで、アイコンが懐かしい・・・。きいていたけど、このブログも5.5ではまた見え方が違ってくるんだね。一応、IE6までバージョンアップして、でもすぐFirefoxに。

まだまだ

WindowsMeは結構、ボロクソにけなされたソフト。次のXPの出来が良かった分(=Vistaという後継機種が出て余計に人気が出るくらいに)、MSの汚点みたいに扱われている。このサイトを訪れてくれる方も、未だにMeで見てる人は皆無と思う(いたら、記念にコメントを残していって下さい)。

でも、使う分には特に問題もない。僕の2台のMeマシンはそれぞれ、メモリが64MB、128MBなのだけれど、動く速度は256MBのXP(や職場の512MB)マシンよりきびきびと動いてくれる。CPUとのマッチングがいいせいかもしれない。普通に使っている限り、そんなに落ちたりもしない。

とりあえず今回、うまくまた動くようになったので、バスター2006がMeをサポートしてくれる今年末までは、きっちり使い尽くす予定。この頃、かなり新しいマシンを購入する気持ちに傾いていた、久しぶりにノートを買って旅先でもブログ更新したり・・・、のモバイルライフを空想もしていたのだけれど、使えるものは使ってやらないとね。

このあたりも3rdプレリュードと同じで、古いから何かができないわけじゃない。長く使うと愛着もわいて、能力をいっぱいに引き出して、最後まで使い切って、天寿を全うさせてあげたいと思う。

以下、<ウィルスソフト対策>に続く。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。