ウイルスソフト対策

前回、WindowsMeまだまだからの続き以下、超少数でニッチの話題ながら、今後、誰かの役にたつならとメモ。

「ウィルス」対策ならぬ、「ウィルスソフト」対策。

フリーでも

今回、突然、ネット接続できなくなった原因は何だったか? というと、やはり、ウィルスソフトがらみ。最初に書いたように、Meマシンにはウィルスバスター2007もサポートを終了したから(マイクロソフト自体にもうずっと前から見放された)。

それで、調べて、まだMeにもぎりぎり対応している対策ソフトとして、

  1. NOD試用版(ウィルスソフト)
  2. Ad-Aware(スパイウェア対策)
  3. JeticoPersonal(ファイアーウォール)

の組み合わせをインストール。この時点では充分、使えた。

特にNODとAd-Awareは評判通りに軽くて使いやすくてすぐに気に入った。ただ、JeticoPersonalは強力な代わりに専門的な分、素人にはとっかかりにくい。Meのようにサポートが終了してリスクの大きいOSを使い続ける上、ウィルス対策もフリーソフトを使うには自己責任で勉強して、というのは異論ないけど、ファイアーウォールの勉強までする気力が無かった。

そこで本題の「ウィルスソフト」対策。

ウィルスバスター2007の問題

知った方策が、ウィルスバスターをバージョンダウンさせる方法。そもそも、失敗のひとつはバスター2007。バスター2006の更新期限が迫ったとき、今度の2007は「1ライセンスで3本のPCで利用可」おまけに「キャンペーン中の3年更新分なら9千円台」という、事実、今まで複数本、買っていたから、これは超お得! と飛びついたのがまずかった。

ウィルスソフトは大手のノートン、マカフィーも使ったことがあるけど、国産のバスターが一番、初心者向けで分かりやすい。ここ数年、全く問題なかったから、何も考えずに更新。今度の2007に要求されるスペックの高いこと、メモリ256MBの僕のマシンでは到底、支えきれないことに気付いたのは、切り替えてからのこと。

重いこと重いこと。最初のWindows起動にはじまって、最初のネット接続には数分待たされる始末。異常な時間がかかる。

各種のソフトがバージョンアップするに連れて、高いスペックを必要とするのも理解できない訳じゃない。でも、ちょっとおかしい。ウィルスソフトというのは、人間に例えたらワクチン注射。ウィルスに弱い身体だからワクチン打つのに、ワクチンがバージョンアップするからメモリは1Gあった方がいい、というのは、「ワクチン打つために強い身体になれ!」っていってるようなものじゃないか。

これは今、みんな思っている、問題になっているようで、どうやらメモリが1GでもVistaでもそうらしく、バスター2007自体の欠陥らしい。

バスター2006にバージョンダウン

窮余の策として2006にバージョンダウン。2007を購入していれば、バージョンダウンしての2006でも3本使えるライセンスはそのまま有効!(=これは知られていないのでかなり有用な情報!) それなら、Meにも使える。

・・・で、嬉々として、先のNOD+Ad-Aware+JeticoPersonalをそれぞれアンインストールし、バスター2006を再インストールしようと思った・・・ら、ネットにつながらなくなってしまったというわけ。完全に削除したつもりでも、おそらくはファイアーウォールがWindowsシステムの設定をいじったことまでは元に戻せず、それが原因なのだと思う。

ご覧の方で、どうもパソコンの起動やネット接続が異常に遅くなった方は、バスター2007による可能性は高いでしょう。ただ2006にバージョンダウンしても重さは依然あり(Vistaは2007のみ)。

バスター自体はいいソフト。お金をかけず、ウィルス対策をフリーソフトで充分、済ませることもできる。ただ、その場合、僕が3つのソフトを入れたように、

  1. ウィルス対策
  2. スパイウェア対策
  3. ファイアーウォール

の3つを組み込む必要があり、どれか一つ欠けても危ない。ソフト同士の組み合わせの相性は大きいし、マシンとの相性も無視できない。フリーソフトは、ワクチンが更新されても自動でアップデートでなく、自分から取りに行かなきゃいけないケースも多い。

他のアプリケーションソフトと違って、OS同様、土台のベースとなるソフトなので、「何か」あってからでは手遅れ。普通のユーザーが自己責任で使うには、それなりの覚悟とエネルギーを要すると思う。

幸い、僕がこれまでウィルスにやられたこともなく、HDDが壊れたこともないのは、そんなこと考えずにバスターのおかげ(あと、IEやOutlook Expressを使わないとか)もあったと思う。

バスターやノートンといったソフトは、それらを意識せずに使える「総合」ソフトである点が売り。起動の時から重いのは、その分、がんばって裏で一生懸命働いてくれているのは分かるけれど、処理が重くならないソフトにしてほしいもの。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。