サイト内検索を設置 2

苦労しつつもアドバイスに助けられ

前回に続き以下は作業録。

先週末土曜から「検索」開始。ざっと把握できたところ、前回、触れたように、

  1. MT のデフォルトの検索システム(複数ブログもOK)
  2. Google やYahoo! による検索窓を引用
  3. Google AJAX Search APIを利用
  4. Ajax+Javascript

という流れでより使いやすくなってきているよう。

今回は、prototype.js と blog_ajax_json_search.js を自サーバーに置く設定にするなど最後の方法をさらに大きく改良しているもの。

MT 向け Ajax サイト内検索 | WWW WATCH


無論、技術はさっぱりでも、ここが良さそう! というのは直感で分かったのでトライ。

まずトップページに置いて試してみると、スカッ・・・。検索結果ゼロ。なぜ・・・? これはちょっと考えて分かった。トップページにはエントリーを置いておらず、複数ブログの集約でしかないから。実際に search_data.txt 内も空。

次にカテゴリ先の単一ブログ(完走記やら)に置いてみたら、問題なくOK。でもトップページに置けなければ、複数ブログにまたがって検索できなければ価値は半減以下。

blog_ajax_json_search.js 内を修正する必要があるのかなあ、と思った。でも、この中身は素人が推測できる域でない。

今まで無制限にブログを増やせる利点を活かして、複数ブログでの運用としてきたのだけれど、スタンダードにカテゴリ化し直すしかないのか・・・と諦めかけた。

作者にたずねてみると、「MT4なら・・・」と親切な回答があった。僕のはまだ MT3.3 なのだけれどそのまま修正。やっぱりダメ・・・。MT4 にアップするしかないのか・・・と再度、くじけかけたが、「そういえばMT4 は複数ブログでの運用を強化した」ということを思い出して、ならばプラグインで補っているMultiblog の方で何とかなるのではないか。

と、僕のレベルなりに苦労して、無事、成功。もちろん、トップページだけでなく、サイト内のどこのブログからOKなのも確認。

大元は暴想さんなのだけれど、コメント(内容も投稿者も)を含めて全て対象にしてくれるように改良されたのは風柳亭さん。そしてさらに・・・と、色んな方の善意の積み上げの恩恵を受けることが出来るのは嬉しいね。僕も紹介役だけを担わせてもらおう。

ここまで出来れば全ページに検索窓を置くこともたやすいのだけれど、各ページには検索専用ページへのリンクだけを置くのでもいいかなと思う。それらはまた時間を見つけて、おいおいと。

詰めの甘さもあり

──と、いつものように何かに着手すると、全体の運営をも考えさせられて、また弱点を発見。

そう、このサイトはホームページとブログの融合なんていってるとおり、MT で流さずにFTP 転送しているだけのページもあり。スイス、バンクーバー、ボストン、デフリンピックの等の旅行記や、昨年の福岡国際完走記、それから、あと記録室も。

このシステムでは、これらが純なエントリでないから対象から漏れてしまう。旅行記は一番、大切にしているものだし、「福岡国際」と打って肝心の昨年分がヒットしないのではまずいね。やっぱり将来的にまた何かリニューアルすることも考えて、全てエントリ化させよう。正月休みくらいに・・・。

ともあれ、My site の管理がまた便利になってゆく過程が面白い。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。