サイト内検索を設置 1

かねてからの願望

かねがね付けたいと思っていたサイト内検索を設置完了したのでご報告。

前のホームページの時はプロバイダの有料オプションだったので見送っていたけれど、こっちにきてからは全て手作りで設置できる楽しさがあり。

普通、検索窓というのはページの上部に置くもので、かつ、当然、全ページにテンプレート化されていた方がいいのだけれど、とりあえず今はトップページの一番下に置いています。

サイト内検索
とりあえずトップページ下に

すごく便利。試してみてください。今は検索結果がそのままトップページの下に表示される形。

全ページを一番、知っているはずのサイト制作者でさえ、「あれはどこのページだったか・・・」というのが頻繁にあって、そういうとき My site をグーグルやヤフーで調べた方が早かったりしたのだけれど、今回は完璧に拾い出してくれる。しかも速い!

MTにも CGI を使った機能はデフォルトで用意されていて、僕のサイトでも携帯用 moblog の方にはその検索窓を置いている。けれども、これは時間がかかって遅い、という悪評あり。

moblog/SILENTSHEEP*NET


それで、みんな工夫を凝らしている。グーグルやヤフーによる検索窓を自サイトに設置するパターンも多く、僕も最初はこれで充分と思った。ただ、これはそもそもグーグルやヤフーがキャッシュしてくれないとダメらしい(つまり検索元がサイト内の100%のデータとなる訳でない)。

技術者のオープンマインドと改良の積み重ねに感謝

探してみたところ、暴想さんという、AJAX と Javascript で全データを テキストファイルにして高速化検索を可能にした方法があり。


僕が利用させてもらったのはさらに改良されたもので、ちょっと苦労しつつも(後述)設置完了。僕のこのサイトのように、複数ブログの場合でもOK。最初だけ2、3秒かかってしまうけど、2度めからはヒット先が何百件あろうと0.00000・・・秒の瞬間で表示される。


加えて、当該箇所の前後の文章を抜き出して、検索ワードをハイライトしてくれる親切設計。うまくいったときは感動!

このサイトは自分なりにカテゴリーと階層をきっちり区分して、ナビゲーション(トピックパス)を辿れば迷わず見つかる仕組みにしているつもりだけれど、やっぱり、普通の訪問者には知りたい情報だけが一発で分かった方が便利だろうしね。

存分にご活用ください。

検索ワードをハイライト表示
瞬間で検索し、ハイライト表示

ネットを見るだけの人にとっては「検索」って、当たり前と思うだろうけれど、それなりの技術が必要。サイト内に設置するのに、年間数十万円の費用で売られているケースもある。

本当にこうした技術を無料でオープンにし、さらにそれらを改良してゆかれる方々に感謝です。

グーグルの凄さは

ちなみにグーグルが瞬く間に世界のトップ企業になった凄さというのは、検索結果を重要度順にランク付けしているところだろうね。これは業者が請け負って企業・官公庁サイトに検索システムを設置する場合でも難しい技術のはずで、実際、そんなサイトは多くないし、あってもあまり機能していなかったり。

たいていのサイト内検索は更新日の新しい順に結果表示させているパターンかな(今回のもそう)。順位付けのルール(アルゴリズム)というのは下手にやられても迷惑なだけだろうから、一般的にはこれで充分なのだろう。

作業録は次回以降に。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。