トップページに画像ギャラリー

What's New Images

サーバー移転完了の謝恩企画第一弾。トップページに最近エントリした記事の画像をリストアップさせてみた。

いってみれば What's New Images あるいは、Recent Images Gallery といったところ。エントリ記事内に使われた画像をサムネイル(縮小)してトップページに並べて表示させる。もちろん、クリックすれば当該ページに飛ぶようリンク。

トップページにエントリ記事からの画像をリストアップ
トップページにエントリ記事からの画像をリストアップ

抽出条件は自由自在に

色々、設定を試した(遊んでみた)中で、

  1. 全ブログのエントリを対象に
  2. 画像を持つページから
  3. 1ページ当たり1件
  4. で計5つ

の画像を表示、というのが一番スタンダードで、かつ最初、自分の頭にあったイメージなのだけれど、この方法では

  1. 画像サイズの縦横比が一定でないと(=一定でないことが多い)リストアップされた画像が揃わずに見苦しい
  2. 特にこの blogwork で利用している画像は単なる作業録的な画像なのでサムネイルされるほどの美的要素が無い
抽出対象ブログ(カテゴリ)を広げて画像を取り出すと画像の縦横比が一定でない & 単なる作業緑的画像まで並んでしまう
抽出対象ブログ(カテゴリ)を広げて画像を取り出すと
画像の縦横比が一定でない & 単なる作業緑的画像まで並んでしまう

ならば ── と考えをあらためて、画像をポストカード風に でエントリしたように、一番、絵になる「旅行記」ブログのみを抽出してみたのが最初に掲げた分。

ただ、こうすると旅行記のエントリが進まないと画像も据え置かれたままいつまでも変わらない・・・(苦)。更新のインセンティブは働きそうではある・・・。

新着記事と画像は必ずしも対応させず

利用したのが本当によくできたプラグインで、こうして複数ブログの中からでも特定ブログを選択(除外)できる、カテゴリも件数もサイズも・・・その他、自由に組み合わせて望む形の設定ができる。ちなみに最初の画像分は

  1. 旅行記ブログの
  2. チロル旅行記カテゴリのうち
  3. 最新エントリから
  4. 1ページ2件ずつ(なければ飛ばして)計5件になるまで
  5. 但しGIF画像とamazon分は除外して
  6. 横104×縦78ピクセル内におさまるようリサイズして

という条件で抽出して表示させている。

期間によっては「完走記」の画像にしたり、今度は○○にしたり、混ぜ合わせたり・・・と楽しめそう。今後もちょくちょく抽出条件を替えて楽しんでみようと思う。

ちなみに、いずれの方法にしても What's new のエントリ記事と表示画像とは必ずしも対応していない。これまた最初はノーマルに一致するのがイメージにあったのだけれど、あえて一致しないのも面白い。プラグインの機能にもランダム表示というのがあるくらいだ。

トップページくらいは脱・シングルカラム?

こうして遊んでいると、今のこのブログ(サイト)は横幅が狭いのがネック。元々、記事をシンプルに読みやすくしたい、サイドバーに画像やらメニューやらがちらちらと目に入って気を逸らせたくないこともあって敢えてシングルカラム志向でつくっている。

でも例えば今回のリストアップ画像は縦並びでも面白いと思うし、トップページくらいは賑やかな方がいいかなとも思える。この先、横幅を広げてメインカラム+サイドバー2カラムにしてみるかもしれない。

ついでに補記。ちなみにこのプラグインはMT3から使えていたもの。MT4では別に <MTEntryAssets> タグで似たようなことができる。最初、挑戦しようとしたのもこちらなのだけれど、どうもこのタグを使って画像を引っ張って来るにはエントリ時にコントロールパネルの投稿画面から画像をアップロードさせてやらないといけない。

そうすることでMTとしてのアイテム管理ができる仕組み。僕は処理の重さがいやで画像は全てFTPでアップロードしている。そうすると、asset-id なるエントリと画像の紐付けができないらしい(痛)!

このあたりもデフォルトテンプレートを全て駆逐してから独自に組み立てているとか、こうした壁にぶつかることが多くせっかくのいい機能が使えない。でも今回はプラグインの方に軍配。

追記;FTPでアップした画像にも紐付けられるこれまた便利なプラグインが有るようで、これだとまた可能性が無限に広がる。VIVA! MT

エントリー内の画像をリストアップするプラグイン(MT4専用版) - The blog of H.Fujimoto

MTAsset | テンプレートタグリファレンス


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。