IEのバグ対応に追われる

カスタマイズの努力が台無し

トップページの衣替えをはじめ、サイトの見直しをしていたら、またぞろ気付かされてしまった! IEの頻発バグ。せっかく綺麗な画像をつくったつもりでもIE(インターネット・エクスプローラー)では表示されなかったり背景に溶け込めなかったり・・・。

酷評されているIE6以下のひどさにはいつもいつも手を焼く。どういうことかというと、

現在開発が進められているIE8はより標準仕様に準拠したものになるとみられており、・・・

しかし、すでにリリースされているバージョンはCSS/HTML表示が標準規約に準拠していない場合があることは明らかになっており、・・・なんらかの対応が必要という状況だ。

IE7.js登場 - IEのCSS/HTML非準拠はこれで対応 | マイコミジャーナル

つまり、IEはWeb上のルールに則っていないブラウザということ。

2年前、Firefoxのすすめを書いたけれど、(Firefoxでなくとも)IEと良心的なブラウザとでは、マラソンを走るのに学校で一律支給され(買わされ)ていたゴムのズックで走るか、ちゃんとしたランニング・シューズで走るか、というくらいに違う(=言い過ぎだけど、このくらい言ってやっていいんだ)。

でも、普通の人にとって「IE」って? あるいは「ブラウザ」って? というのが大方のところで、パソコン(Windows)を買ったら付いてくるIEに疑問を持たず使うのが通常。ルール違反でも悪法でも、それに随う人が多勢であるのが現実で、ためにサイト制作者はIEのバグ対応に余計な労力を割かないといけない。

まだ当分、IE対策は必要

普段、IE6で見ることはないので、外で我がページを見たときは愕然とする。思わず目をそらしたくなるほどの醜さ。それで、ふと思い立ち、これまでは気にすることのなかった来訪者のブラウザ区分を調べてみると──。

ガーン! IEが8割、Firefoxが2割弱。もっと接近しているかと思った・・・。さらにショックなのは、IEの内でもIE6がなお半数近くを占めていること。IE7がリリースされて約2年、自動更新が始まってもう8ヶ月経っているのに。ちなみにFirefoxはほとんどがバージョン3。これはユーザーの意識が高いから、すぐに2から切り替えている。

来訪者のブラウザシェアを記事にしているサイトも多く、そういったところではFirefoxが半数に届きそうな勢いということをよく目にするけれど(僕もそう信じていたのだけど)、やはり、そうしたページは元々がIT系の内容だからアクセスするユーザー層が違う。

このサイトはそういう類のものでなく(時折、Safariで来られると光栄に思うくらいの)、欲をいえばできればFirefox3で見てもらえると頑張ってカスタマイズ、デザインしている意図が伝わるはずなのだけれど、でも、来訪者はごく一般的な方がほとんどなので、やはりIEでの見え方をもっと気にしておかないといけない。

IE6でのヘンな見え方も記念に残して(キャプチャして)おきたいけれど、その環境にないので今後も検証まではあまり手が回らないと思う。前、4月にできたのは出張先のホテルで借りたパソコンが都合良く(?)IE6だったから。

せめてIE7へのアップグレードをお薦めしたいです。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。